2014.08.29【日译中】きみにしか聞こえない——只有你听见(1-9)

发表于:2014-08-29 09:53 [只看楼主] [划词开启]

  男の子が電話を切ると、運転手がスピーカーを通して言った。 

       那个男的的电话刚一挂断,司机就对着喇叭说

「他のお客様のご迷惑になりますので、車内での電話は控《ひか》えるようにお願いします」 

       “为免打扰到其他乘客,请不要在车内使用手机。”

 ただそれだけの、何でもない出来事だった。それから十分ほど静かにバスは走り続けた。暖かい空気が気持ちよく、わたしは半分、眠《ねむ》りかけていた。 

       这只是件微不足道的小事而已。这之后汽车安静地走了十分钟左右。天气和暖,心情舒适,我也半打着瞌睡。

 再度、電子音が鳴りだした。最初のうち、また前に座っている男の子の電話だと思った。わたしは無視して目を閉じていた。やがて様子がおかしいことに気付き、睡魔《すいま》がふきとんだ。

       突然,电话铃声又响了起来。最初,我以为又是坐在我前面的那个人的电话,闭着眼睛没在意。不一会儿,我忽然感觉有点不对劲,睡意也随之消失的无影无踪。

 鳴っている電子音が、さきほどのものとは異なっていた。今度のは和音のメロディー。聞き覚えのある映画音楽。偶然《ぐうぜん》にもほどがある。わたしの想像していた電話の着信メロディーとまったく同じものだった。

       这次的铃声,跟刚才的不一样。这次铃声的旋律,听着好像是某个电影里的音乐。那铃声竟然跟我想象中的手机铃声不谋而合。

 だれの電話だろう? 

      是谁的电话呢?

 車内を見回して、電話の持ち主を探した。運転手、男の子、おばさん。バスの中には、わたし以外にその三人しかいなかった。しかし、だれも身動きせず、響き続ける着信メロディーに気付いた様子もない。

      我环视了遍车厢,寻找着手机主人。司机、男生、阿姨。汽车中,除我之外就只有这三个人了。但是,谁都没有动静,像是没有发觉那一直响着的铃声。

 聞こえていないはずがない。不思議に思うと同時に、不安な気持ちになった。その時はすでに、予感していた。膝《ひざ》の上の鞄を、いつのまにかぎゅっと握《にぎ》り締《し》めていた。鞄の取っ手につけたお気に入りのキーホルダーが、カタカタ小さな音をたてた。 

     不应该听不到的呀。我觉得有些不可思议,也有些不安。此刻,我像是预感到了什,不经意地抓紧了放在膝盖上的包。挂在书包把手上我喜欢的钥匙扣正发出“咔哒咔哒”的声音。

 おそるおそる、視覚以外の機能で自分の頭の中を覗《のぞ》く。予感は的中していた。想像で作り上げた白い電話が、何かの電波を受信して、着信を知らせるメロディーをわたしの頭の中にだけ流していた。

       我小心翼翼的用视觉以外神经窥视着自己的大脑。我的预感应验了。我幻想出来的那支白色手机受到电波的影响,正奏响铃声,告知我有来电。

最后编辑于:2014-10-29 20:58
分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团