2014.09.01【日译中】【落語シリーズ】「まな板に小判一枚初がつお」其角 (21句)

发表于:2014-08-31 15:11 [只看楼主] [划词开启]

「まな板に小判一枚初がつお」其角

「在砧板上发现一小片松鱼」的角

日本人がかつおを食べるようになったのはそう旧い話ではない。「徒然草119段」では、「このごろ」食べるようになったもので、末世の世なればこそこんな卑しいものを上も下も食うのだ、と言っているから、兼好法師が関東に旅した時代、つまり14世紀になってかららしい。

日本人开始吃松鱼并不是很久之前的事。因为在「徒然草119段」中有提到,“这个时候开始吃,正因为道德败坏,所以不管上层人民还是下等人民都吃这么恶心的东西,好像是从兼好法师去关东旅游,即14世纪开始时就开始吃松鱼了。

江戸っ子の時代ともなると、かつおは法外な評価、わけても徳川将軍にかつおが献上されたと聞けば、それからが初がつお。江ノ島沖で捕れたかつおを夜っぴて早馬で芝濱まで運んできたのである。

一到江户人的时代,松鱼得到了过高的评价,特别是听说德川将军将松鱼上贡那时起就叫初松鱼。在江的岛冲捕到的松鱼连夜用快马运来芝滨。

江戸っ子は「女房を質に入れても初がつおだけは食う」などと、普段その女房に頭も上がらないくせに、豪語していたのである。だが、実際に初がつおどころか一切れの鰹すら食える庶民など一握りもいなかったのである。

明明平常江户人的老婆都抬不起头来,江户人还夸大口说“即使把老婆当掉,也只能吃松鱼等等这样的话。但是,实际上别说吃松鱼,就连能吃到一小块鲣鱼的平民等也只限于少数人而已。

熊:「初がつおが河岸に入ぇったっていうが、みんな、もう食ったかい?えぇ、新ちゃん?」

熊:“听说鱼市有松鱼,你们吃过了吗?喂,小新?

新:「銭が無ぇんで食えねぇ」

新:“没有钱吃不到

熊:「なにぃ、銭なんぞ無くたって江戸っ子だぁ。かつおは食わなくちゃならねぇ」

熊:“什么,即使没钱也是江户人呀。必须要吃松鱼。

新:「馬鹿だなぁ。江戸っ子だって無ぇものなぁ買えねぇ。」

新:“傻子。就算是江户人也买不到没有的东西呀。

熊:「無くても食うのが江戸っ子だぁな。なあ、辰ちゃん、お前はどうだい?」

熊:“即使没有,吃过松鱼才是江户人呀。那小辰,你呢?

辰:「俺は独りもんで、質に入れる女房がねぇから、未だ食ってねぇ。

辰:“我是单身,还没有可以当的老婆,还没有吃松鱼。

熊:「食ってねぇんじゃねぇ。そりゃ、食えねぇんだ。半ちゃん、お前ぇは?」

熊:“不是还没吃。那是没吃。小半,你呢?

半:「うん、俺は食った。家中のどてらをみんな質に入れて、その銭で食った。」

半:“嗯,我吃了。把家里人的棉和服全当了,用当来的钱买松鱼吃了。

熊:「ふーん、で、美味かったかい?」

熊:“嗯,那么,好吃吗?

半:「うん、寒かった!!

半:“嗯,冷死我了。

最后编辑于:2014-09-12 11:37
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团