2014.09.02【日译中】からだを読む

独孤绝涯 (俺様はケヴィンです) 译译生辉
116 10 0
发表于:2014-09-02 08:40 [只看楼主] [划词开启]

胃の存在は、しばしば意識される。

胃的存在,屡次被意识到。

 

多くの人が、日常的に「胃が痛い」とか、「胃が悪い」とか言う。

多数人,平时会说“胃疼”、“胃难受”。

 

だからといってそれが本当とはかぎらない。  

虽说如此,还真不一定是那样。

 

指の先が痛いというのは、はっきりわかる。

手指尖痛这种情况,可以清楚地知道。

 

なぜかというと、脳には指に相当する知覚の領野が、ちゃんとあるからである。

要说为什么,在大脑里有明确地对应手指的知觉领域。

 

逆に、脳のその部分に何かが起これば、肝心の指はたとえなんともかくとも、われわれは指が痛いとか、かゆいとか。保存

反过来,大脑的那部分发生了什么事情,不管关键的手指如何,我们都会手指痛和手指痒。

 

なにかが触ったとか、そういう判断をする。

碰到了什么,会做出这样的判断。

 

つまり体の表面に関しては。

即体表与大脑相关。

 

われわれは脳に地図を持っている。

我们在大脑中有地图。

 

体表とは、外界とわれわれの体とを、境する部分だからである。

体表是,外界和我们身体边界的部分。

 

そこはいわば国境のようなもので、脳という司令部は国境で起こることであれば、それが国境のどの部分で起こったできごとかを、明確に把握しているである。

那里可以说成像国境一样的东西,司令部的大脑如果在国境引发了什么的话,在国境的哪部分发生的事情,可以明确地把握。

 

ところが内蔵に関しては、脳にそういう地図はないらしい。

不过,关于内脏,大脑里好像并没有这样的地图。

 

そこは本来、「うまくいっている」はずの部分なのであろう。

本来应该是很好地运转着的部分。

 

だから、脳はそこに関して、細かい地図を用意していない。

所以,大脑未准备与之相关的细致地图。

 

それが用意してあれば、胃の小彎側の噴門から約三分の一の部分が痛いとか、幽門部の始まり部分が輪状に痛むとか、見てきたようなことが言えるはずなのだが、もちろんそれは不可能である。

要是准备了的话,比如距离胃的小弯侧的贲门约三分之一的部分疼痛,幽门的开始部分是环状疼痛,应该跟能看到似的能说出来,不过这肯定是不可能的。


PS:有这种颜色的日文原文,是翻译不准确,待修改的地方,欢迎各位学霸指正。

最后编辑于:2014-10-29 17:01
分类: 日语
全部回复 (10) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团