2014.09.03【日译中】【落語シリーズ】 赏花的余兴2/2

发表于:2014-09-03 16:09 [只看楼主] [划词开启]

④町役貫左衛門の「ソレッ!」の合図にあわせて四人がくるっと後ろを向くと同時に着物のすそを撥ね上げる。途端に真紅のシタウズが出現。

结合町役贯左卫门的那个的暗号,4个人团团转着向后的同时,将衣服的边角向上提。此时,出现了深红的シタウズ

(全山の客から思わず大拍手。四人の紅潮した顔が汗で光り、玉のような汗が流れる。

(意外地得到了全山客人热烈的掌声。4个人通红的脸上流着闪亮的豆大的汗珠。)

⑤四人は先に渡された麻縄を、三味の音にあわせながら頭上の横に伸びた太い桜の枝に巻きつける。

(他们)4人将接到的麻绳与三弦的音相结合的同时将很大一枝樱花枝缠在头围边。

⑥次いで、紐のもう一方を自分の首に巻きつける。片足を上げて、もう片足で立つ。

接着,将细绳的另一端缠在自己的脖子上。抬起一只脚,用另一只脚支撑身体。

(トントン、チャララ、トントン、チャララ、トントン、・・・三味線と太鼓は早鐘を打つようにアレグロ=コンブリオに

(扑通、チャララ、扑通、チャララ、扑通~~~~~为了连续敲打三弦和太鼓,アレグロ=コンブリオ

⑦町役貫左衛門が打つ銅鑼の音が炸裂。これに合わせて四人は持ち上げておいた片足で足元の箱をポンと蹴る。瞬間、かぶっていた角隠しが宙に舞った。

町役贯左卫门敲打的铜锣音爆炸。为结合爆炸音,4个人将抬起的脚用力地踢脚边的箱子。瞬间,蒙胧的白头纱在空中飞舞。

⑧花吹雪が四人の顔を隠すようにどっと舞い落ちた。四人の体は、いつまでも春風に吹かれて振り子のようにゆっくりと前後左右に揺れつづけるのだった。

(樱花)飞雪似地突然飘落下来遮住4个人的脸。4个人的身体始终被春风吹的像摆锥一样缓慢地向前后左右摇摆着。

飛鳥山の花見客の誰一人として、腰を後ろにのけぞらせない者はいなかった。そして、この話は、花見シーズンだけではなく、江戸時代が終わるまでの100年間にわたって、花見の季節 がくる度に語られた。この情景を見たという人の数は、当日飛鳥山で花見をしていた人の10倍をはるかに超えたという。

不管是飞鸟山的赏花者中的哪个人都会被人从后面吓到。于是,这个话题不仅是在赏花季节,直到江户时代结束后的100年里,每到赏花季节时就会谈论起此话题。听说看过这个情景的人远远超过了当日在飞鸟山赏花者的10倍之多。


最后编辑于:2014-09-12 11:37
分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团