2014.09.10【日译中】新聞

晓心慈 (紅蓮の傷) 路人甲
41 1 0
发表于:2014-09-10 15:12 [只看楼主] [划词开启]
不明者情報の共有不足
失踪者信息的共享不足
  さらに、もう1つの壁にも直面しました。身元が分からない人はそれぞれの自治体で保護されていますが、その情報を全国で共有する仕組みがなく、どこにどのような人がいるのか、家族が自分たちで調べなければならないのです。
  因此我们还得面对的是:对于那些身份不明的人群虽然被福利机构收留保护着,但是却没有在全国都能共享的信息,“在哪里有什么样的人”只能由家属自己去调查
  里美さんは、新聞記事などをもとに、身元がわからない人を保護していると思われる自治体に1件ずつ電話で問い合わせを行っています。顔写真などの情報を公開するか、問い合わせの窓口を一本化すればもっとスムーズに探すことができるのではないかと話しています。
  里美跟新闻记事一起对那些给不明身份提供收留保护的福利机构进行商讨能否提供照片,或者把服务窗口一体化等
柔軟に運用する自治体もある
也有灵活运用的自治体系
  NHKの取材に対し、認知症や記憶障害などで身元が分からない人を保護していると回答したのは17の都府県ですが、このうちほとんどは個人情報の保護などを理由に、保護されている人の顔写真などの情報を公表していません。
  面对NHK的采访,17个福利机构均表示为了保护个人隐私所以不能公开被收留保护人群的照片等信息
  しかし静岡県と千葉県では最近の報道などを受けて、個人情報保護条例を柔軟に解釈して顔写真などの公表に踏み切りました。静岡県の条例では、「本人の同意があるとき」のほか、本人の同意がなくても「明らかに本人の利益になるとき」は情報を提供できるという例外が定められています。静岡県は今回、保護している人について、情報を公表することで身元の特定につながれば本人の利益になるとして、顔写真などを県のホームページなどで公表しました。静岡県健康福祉部の担当者は、「家族の元に帰ることが本人の利益になると考えて情報の公表に踏み切りました。きめ細かい情報がないと身元の確認にはつながらないと思います」と話していました
但是最近通过静冈县和千叶县的报道得知,决定灵活的运用个人信息保护条例进行照片公开。静冈县定制了这样一份条例:除本人同意外或即使本人不同意但是是为了本人利益时可以提供其个人信息状况。静冈县这次以针对保护人的利益为宗旨在静冈县的主页上刊登了受保护人群的身份及其照片。静冈县健康福祉部的担当者表示:决定公开本人的信息是为了让其能够回到家人身边 ,没有涉及特别隐私的信息

最后编辑于:2014-11-03 16:37
分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团