2014.09.12【日译中】 【落語シリーズ】音乐澡堂

发表于:2014-09-13 09:52 [只看楼主] [划词开启]

音曲風呂

音乐澡堂

風呂の中では声が良く出る。江戸には、これに目を付けて風呂の中で都々逸などを教える「音曲風呂」というものがあった。これには、一回りが七日、二回りが十四日、三回りの三七=二十一日あれば上手になるというのが宣伝文句であった。建具屋の半ちゃんは今夜がその三回り目。

澡堂中经常有声音。江户时选中这个澡堂,因能知到各都的逸事等故而叫音乐澡堂。有这样一句宣传文字:一圈是7天,两圈是14天,如果三圈有21天的话,就会变得很拿手。建筑店的半今晚就是第三圈。

半公: 「うん大分声が出るようになってきたぞ。だが、こう皆でワーワー唄っていちゃ自分の声がどの位出ているのか分からねえ。一つ閑な所へ行って声を出してみるか。」

半公:嗯,能听得到大部分声音了哦。但是,这个时候如果大家都汪汪的唱的话就无法识别自己的声音是什么风格了。去一个空地唱吧。

 ハァー、おたーがいにー、離れちゃいやだよ、行かずにおくれ・・・

Hi,在我身边,不要离开我。

半公: 「うん、なかなかいいぞ!」

半公:嗯,真不错哦。

男 : 「こりゃ、なんだお前は? こんな所で都々逸なんぞ唄って、怪しい奴だ!!」

男:这~~,怎么是你?在这种地方虽各都的逸事,真是奇怪的人。

半公: 「いえいえ、あっしは横丁の建具屋の半公ってもんで、決して怪しいもんじゃありません。音曲風呂に三回り入って大分声が出るようになったんで、ここで試しているんでさぁ。」

半公:不不,我是胡同里建筑店的半公,决不是什么奇怪的人。音乐澡堂进入第三圈了,为了能大声唱出来就来这里试试。

男 : 「なんだ、三回りもやって、その程度か? 拙者などもっと出るぞ!」

男:什么,在做第三圈?那种程度?出现了好多拙劣的人呀!

半公: 「そうですかい、それじゃあっしに唄って聞かせてみておくんなせぃ。」

半公:是这样吗?那么你唱给我听听。

男 : 「火のよーうーじーん、しゃっしゃりませー。どうだぁ? 良い声だろう。」

男:小心火烛,(查不到)。怎么样,很好听吧。?

半公: 「本当だ!あんた何の商売ですねぇ?」

半公:真的好听,你是做什么买卖的吧。

男 : 「拙者か? 拙者はなあ、当家の夜回りだ!」

男:拙劣者吗?拙劣者是给我们家巡夜的。

半公: 「道理でうまいわけだ。アッシより一回り余分だ ぁ」

半公:蛮会说话的嘛,比我多一圈呀。

男: 「???」

男:???


越来越找不到感觉了。这什么节奏呀。

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团