2014.09.19【日译中】搞笑诺贝尔奖 - 香蕉皮的功效

Pichan (言ノ葉) 译往情深
101 2 0
发表于:2014-09-19 21:24 [只看楼主] [划词开启]

  

     ユーモアあふれる研究に贈られる米国の「イグ・ノーベル賞」の授賞式が18日、米ハーバード大で開かれた。

     为充满幽默的研究而设置的“搞笑诺贝尔奖”,18日在美国哈弗大学召开了授奖仪式。


 24回目となる今年は、バナナの皮を踏んだ時の滑りやすさを研究した、北里大医療衛生学部の馬渕清資きよし教授(63)らが物理学賞を受賞した。日本人の受賞は20組目で、2007年から8年連続。

     今年第24回搞笑诺贝尔奖的物理学奖项授予了北里大学医疗卫生学部的渕清资教授(63)所带领的科研小组,其研究课题为“猜到香蕉皮时的易滑性”。日本人得到这个奖项已经是第20次,自2007年起已经蝉联8年。


 馬渕教授らのグループは、ふだん研究する人工関節の性能向上に、バナナの皮の滑りやすい仕組みを応用できないかと考えた。バナナの皮の内側を下にして床に置き、靴で踏む実験を100回以上繰り返した結果、皮がない時に比べて、6倍滑りやすくなることがわかったという。皮の外側を下にした場合は3倍だった。

     渕教授带领的科研小组,考虑到香蕉皮的易滑性的原理是否能应用在日常研究的人工关节的性能提高课题。香蕉皮内侧朝下放在地板上,然后用鞋踩香蕉皮,这样反复试验了100次以上得到的结果是,和不放香蕉皮是相比,易滑性是其6倍。香蕉皮外侧向下放的话,(易滑性)是3倍。

    提高人工关节的性能是教授带领的科研小组的研究课题。他们认为可以将踩香蕉皮容易滑倒的原理应用在平时的研究课题上。在重复100次鞋踩香蕉皮的实验过程中,研究小组发现和没有香蕉皮的时候比起来,将香蕉皮的内侧朝下摆放时的易滑性是其的6倍。(此外),香蕉皮外侧朝下时的易滑性是其的3倍。


 滑りやすい理由は、バナナの皮に含まれる糖分と水分が染み出し、潤滑油のような役割を果たすためだという。馬渕教授は授賞式で、怪獣のゴジラがバナナの皮を踏んで転ぶ絵を掲げて、「バナナの皮の滑りやすさは、私たちの関節の滑りやすさとよく似ています」と内容を説明し、会場の爆笑を誘った。

    易滑的理由是,香蕉皮中含有的糖分和水分溢出表皮,充当了润滑油的角色。渕教授在授奖仪式上,手举怪兽哥斯拉踩到香蕉皮滑倒的(漫)画,说明到“香蕉皮的易滑性和我们关节的易滑性尤为相似”。引发了会场(观众)一阵爆笑。

最后编辑于:2014-10-30 10:02
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团