2014.09.28【日译中】百物语系列 - 育儿幽灵

Pichan (言ノ葉) 译往情深
101 6 0
发表于:2014-09-28 20:13 [只看楼主] [划词开启]


子育て幽霊

育儿幽灵


むかしむかし、ある村に、一軒のアメ屋がありました。

很久很久以前,某个村里开着一间糖果店。


ある年の夏の事、夜も遅くなったので、アメ屋さんがそろそろ店を閉めようかと思っていると、
 トントントントン
と、戸を叩く音がしました。
「はて、こんな遅くに誰だろう?」
と、アメ屋さんが戸を開けてみますと、一人の女の人が立っていました。
这是某年夏天的事情,夜幕已深,糖果店老板正打算关门,听有人咚咚咚地敲门。老板心想“嗯?这么晚了是谁啊?”,打开门一看,门前站着一个女人。

「あの、アメをくださいな」
「あっ、はい。少々お待ちを」
アメ屋さんは女の人が持ってきたうつわに、つぼから水アメをすくって入れました。
「へい。一文(いちもん→30円ほど)いただきます」
「ありがとう」
女の人はお金を払うと、消えるように行ってしまいました。
“那个,我要买糖”
“哦,好的。请稍等”
老板从(糖)壶里舀出了麦芽糖倒进了女人拿来的容器里。
“好叻,收您一文钱(一文⇒30日元)”

“谢谢”

女人付完钱就如同消失一般,不见了踪影。


その次の日。
今日もアメ屋さんが戸締まりをしようと思っていると、また戸を叩く音がします。
「あの、アメをくださいな」
やはり、あの女の人でした。
女の人は昨日と同じようにアメを買うと、スーッと、どこかへ帰って行きます。
それから毎晩、女の人は夜ふけになるとアメを買いに来ました。
次の日も、その次の日も、決まって夜ふけに現れてはアメを買って行くのです。
第二天。
也是在糖果店老板想要关门的时候,又听到了敲门声。
“那个,我要买糖”
果然,又是那个女人。
和昨天一样, 女人买了糖以后,一晃眼就不见踪影,不知回哪儿去了。
从此以后,每天晚上,一到深夜女人就会来买糖。

一天,又一天,一定会在深夜出现,买了糖就走。

日复一日,她必定会在每天深夜时分来到这家店买糖。


さて、ある雨の夜。
且说,适逢雨夜。

この日は隣村のアメ屋さんが訪ねて来て、色々と話し込んでいたのですが、
「あの、アメをくださいな」
と、いつものように現れた女の人を見て、隣村のアメ屋さんはガタガタ震え出したのです。
这天,邻村的糖果店老板来拜访,正谈得入神时,
(忽听门外有人道)“那个,我要买糖”
女人如往常一样又出现了,看到她,邻村的糖果店老板不禁瑟瑟发抖起来。

「あ、あ、あの女は、ひと月ほど前に死んだ、松吉(まつきち)のかかあにちげえねえ」
「えっ!」
二人は、顔を見合わせました。
死んだはずの女の人が、夜な夜なアメを買いに来るはずはありません。
しかし隣村のアメ屋は、間違いないと言います。
そこで二人は、女の後をつけてみることにしました。
“那、那、那个女人是一个月前死了的松吉的老婆,一定没错。”
“哎?!”

两人看着对方,呆愣在了那里。

两人面面相觑。

应该已经死了的女人,不可能每天晚上都来买糖。
但是,邻村的糖果店老板又说没有搞错。
于是,两人决定跟踪女人一探究竟。

アメを買った女の人は林を抜け、隣村へと歩いていきます。
その場所は、
「はっ、墓だ!」
女の人は墓場の中に入っていくと、スーッと煙のように消えてしまったのです。
买了糖的女人穿过森林,朝着邻村走去。
所到达的是……
“啊,墓地!”
女了一进入墓地,就像一阵烟似的一晃就消失不见了。

「お、お化けだー!」 
二人はお寺に駆け込むと、和尚(おしょう)さんにこれまでの事を話しました。
“妖、妖怪啊!”
两人跑进了寺庙,将事情原委对和尚(or 住持)说了一遍。

しかし和尚さんは、
「そんな馬鹿な事があるものか。きっと、何かの見間違いじゃろう」
と、言いましたが、二人があまりにも真剣なので、仕方なく二人と一緒に墓場へ行ってみる事にしました。
但是和尚(or 住持)并不相信,说道,
“怎么可能有这种事,一定是你们看错了吧”
但拗不过两人煞有介事的说辞,无法只得和两人一同去墓地看看。

すると、
オンギャー、オンギャー
と、 かすかに赤ん坊の泣き声が聞こえてきます。
声のする方へ行ってみると、
あっ、人間の赤ん坊じゃないか! どうしてこんなところに?!」
一到墓地,就听到有“哇~,哇~”的小婴儿的微弱啼哭声。
朝着声音发出的方向走去一看,
“啊,这不是人类的小婴儿吗!这么会在这里?!”

和尚さんがちょうちんの明かりをてらしてみると、そばに手紙がそえられています。
それによると、赤ん坊は捨て子でした。
「手紙によると、捨てられたのは数日前。それから何日もたつのに、どうして生きられたんじゃ?」
ふと見ると、あの女の人が毎晩アメを買っていったうつわが、赤ん坊の横に転がっていたのです。
和尚(or 住持)提着灯笼一照,发现婴儿旁边放着一封信。
据信上所说,这是一个弃婴。
“按信上的内容,这个孩子是几天前被遗弃的。明明已经过了好几天了,怎么还能活下来?”
又一看,那个女人每晚用来买糖的容器,就摆在婴儿身侧。

そして、赤ん坊が捨てられたそばの墓を見ると。
「おお、これはこの前に死んだ、松吉の女房の墓じゃ!」
何と幽霊が、人間の子どもを育てていたのです。
「なるほど、それでアメを買いに来たんだな。それも自分の村では顔を知られているので、わざわざ隣村まで」
きっと自分の墓のそばに捨てられた赤ん坊を、見るに見かねたにちがいありません。
和尚さんは心を打たれて、松吉の女房の墓に手を合わせました。
随后,又朝弃婴旁边的墓一看,
“啊~,这不是之前死去的松吉老婆的坟墓吗!”
原来竟然是幽灵在养育人类的孩子。
“原来如此,所以(她)才会来买糖啊。而且,而且因为在自己的村子会被认出来,还特意去了邻村”
一定是不忍看着被遗弃在自己墓边的婴儿就这样死去啊。
和尚(or 住持)深受感动,(不禁)在松吉的妻子墓前合掌致礼。

「やさしい仏さまじゃ。この子はわしが育てるに、安心してくだされよ」
こうしてお墓に捨てられた赤ん坊は、和尚さんにひきとられました。
それからあの女の人がアメ屋さんに現れる事は、もう二度となかったそうです。
“这是一位和善的亡者啊。这个孩子老衲会代为抚育的,请您放心吧。”
就这样被遗弃在墓地的婴儿,被和尚(or 住持)收养了。
听说从那以后,那个女人就再也没有在糖果店出现了。

おしまい


最后编辑于:2014-10-06 10:57
分类: 日语
全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团