2014.10.03【日译中】鶴太郎流 墨彩画人門

会跳的风19 (小风) 译译生辉
67 3 0
发表于:2014-10-03 19:04 [只看楼主] [划词开启]

十年絵を描いてきて、最近になってようやく筆の止めどころがわかったてきたかな、と思います。


我画了十年画,但直到最近才终于知道停笔的地方。


描きすぎずに筆を置くコツが少しずつわかってきた。

也慢慢地知道如何在画过头的地方停笔的窍门


最初のうちは、筆が多くなるものなんです。

我最开始画画的时候总感觉越画越多。


描きたいという気持ちが強いだけに、まだ足りない、まだ足りないという気になって、どんどん描き足してしまう。

正是因为我想要画画的心情很强,所以才感觉画地还不足够,于是便不停地继续补充。


だけど、それを無理してセーブすることはないと思います

但是,还是想着不能勉强保留


やっぱり、とことん行ききっちゃったほうがいいんですよ、何事も。

凡事还是有底限才好


たとえば、空腹のときに腹一杯食べて満腹感というものを味わっておかないと、加減というものがわかりません、人間、満腹を知っているから、これはまだ五分、腹八分といったらこの程度だという加減がわかる

比如说,只有在饿肚子时尝到饱腹的感觉,我们才明白适可而止。人只有在知道饱腹的情况下,才明白五分饱,八分饱这种程度的适度


一回とことんやってみることで、抑えることや、行きすぎないことの良さが初めてわかるものですからね。

我也是因为一次试着画到底的情况,才初次明白控制,不画过头的好处。


自分が描きたいモチーフそのものと対峙して、自分の感じたところで筆を進めている分にはいいんですが、客観的にそれを見て、ここが足りない、あそこが足りないと思って描き足してしまうと、止めどころわからなくなってしまいます。

与自己所想要描绘的主题(中心思想)面对面时,凭自我感觉下笔作画虽好,但客观地看来,就会觉得这儿不足,那儿也不足,便开始补充起来。最终变得不知道停笔之处在哪儿。


それは、自分がどう見てう感じたかという気持ちを素直に絵にするということとは違ってくる

这种画法与依靠自己所看所想直白的画出的方法不同。


絵を説明してしまうことになる。

这种画法就是说明一幅画。


そうすると、絵がうるさくなります。

一旦这样做,画就变得繁琐起来。


客観的な眼を持つことも確かに大事なことではあるんですが、見たまま感じたままのストレートな気持ちを解説してはいけないと思うんです。

虽然保持客观的眼睛确实很重要,但我认为讲解所见所感时直观的心情是要不得的。。。。。。


分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团