2014.10.05【日译中】.hack//bullet——让“欲望之鼠”淹没世界吧!序章2

发表于:2014-10-05 14:09 [只看楼主] [划词开启]

「面会時間を必ずお守りください。居住者の方が不安に感じるような話はしないでください。それと、カミソリやナイフなどの刃物類、マッチやライター、火薬類、薬品の持ち込みは禁止されています。よろしいですね」

 “请严格遵守见面的时间。还有请不要说一些让居住在此的人感到不安的话。另外,禁止携带剃刀、餐刀等刃具,禁止携带火柴、打火机、火药类物品、药品进入设施,听明白了吗?


「誓約書は書かなくていいですか」

“不写在契约书上也可以吗?” 


「え?」

“什么?” 


職員が驚いたように振り向いた。彼は早足で歩き続けていたが、身長一八○センチを超す曽我部が大股で歩くと簡単に追いつくことができた。

职员状似惊异的回过头来。 虽然他脚步迅速地在前面走着,但身高超过一米八的曾我部几个大步就能轻易地跟上来。


曽我部は並んで歩きながら思いつくままに喋ってみた。

曾我部一边走上来与职员并行 一边陷入记忆中地开口道。


「施設内のいかなる出来事に巻き込まれても当局がこれに関与しないことを了承する、みたいなの。サスペンス映画とかでよくあるでしょ?物語の幕開けに緊張感を与える意図でもって挿入された演出とでもいうんですかね。ドキドキしますよね、あれ。子供の頃はああいう書類にサインするのがひそかな夢でした。でもよく考えると、普通にそこらのコンビニの駐車場にも似たような看板があるのに気づいてからはさすがに幻滅しましたよ。青い鳥が近くにいることに気づいても、人は幸せにならないものです」

“不管设施内部卷入什么样的事件中,当局都在知情的情况下表示不干预此事——似乎是这样的。悬疑电影之类的里不是常有的吗?可说是在故事的开篇为了给人一种紧张感而插入的演出吧?那样的演出,很让人心跳加速吧?小时候偷偷梦想着能在那样的文件上签名。但是仔细考虑之后,发现那些普通的便利店停车场也有类似的广告牌,到底梦想还是幻灭了。就像人们虽然能感觉到幸福之鸟在靠近,却依然无法得到幸福一样。 


  うんうんとうなずいた。

曾我部“嗯嗯”地嘟哝着。


「むしろ、幸せそのものに疑問を抱く」

 “不如说,幸福这东西本身就值得怀疑


しばらく間があった。

过了一会儿。

 

「サインは必要ありません」

“您不必签字。” 


職員が気を取り直したらしい様子で答えた。

职员似乎重新打起了精神来的样子,回答道。 


「ここにいらっしゃるのは、みな安定した方たちばかりですから。先ほど申したのは、単に規則でそうなっているというだけで……」

 “因为能来到这里的人,大家都是很安全的人。刚才申明的那些,只是一些规定上要求说明的事项……


「あっ」

“啊,” 


曽我部は短く叫んで相手の説明をさえぎった。

曾我部一声短叫打断了对方的说明。


「しまったなー。私、飴を持ってるんですが。これ、大丈夫ですか」

“完蛋了。我身上带着糖呢。这个没问题吧?” 


ポケットを探って柄付きのキャンディを一つ取り出すと、相手によく見えるように彼の顔の高さに上げ、プラスチックの柄を指で示した。

曾我部将手伸进口袋里翻出了一根棒棒糖,并将手抬到对方面前以便他能清楚看到,并用手指着塑料包装纸的图案。


「ほら、ここのところ。このへん、とがってて刺さるかも。危ないんじゃないですか?」

“你看这里、还有这边,这个尖尖的地方可能会刺到人,会不会很危险?” 


「それは」

“这个啊” 


職員は立ち止まり、何かを言おうとしてぐっと言葉を飲み込み、押し殺した低い声で言った。

职员停下了脚步,似乎想要说什么,又硬生生的把话吞了回去,咬牙缺齿地低生道。 


「問題ありません」

“没有问题”


「そうですか。それはよかった」

“这样啊,那真是太好了。

 

曽我部はにっこり笑って飴を差し出した。

曾我部满脸笑容的把棒棒糖递了出去。

 

「おひとつどうです。コーラ味」

“您要来一根吗?这是可乐味的。

 

「けっこうです」

“不必了。”


上一页    下一页

最后编辑于:2014-10-29 20:48

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团