2014.10.08【日译中】.hack//bullet——让“欲望之鼠”淹没世界吧!序章4

发表于:2014-10-08 15:52 [只看楼主] [划词开启]

「――施設の方ではないのですか」

“——您指的不是设施吗?

 

「ええ」

“没错。”

 

曽我部はうなずいた。

曾我部点头赞同。

 

「私のことをご存じなのですか」

“您知道我是谁吗?” 


「ええ」

“是的”


男の口元に力のない笑みが浮かんだ。

男子的嘴角浮现出无力的微笑。

 

「申し訳ない。記憶がおかしくなっているらしくて……」

“真是抱歉,我的记忆似乎出了点儿问题(,不记得您是谁了……” 


「曽我部と言います。曽我部隆二(そがべりゅうじ)です」

“我是曾我部。曾我部隆二。

 

「天城丈太郎(あまぎじょうたろう)です」

“我是天城丈太郎。

 

男はそう名乗ると、本を閉じて脇に置いた。

男子报上姓名,并将书本合上夹在腋下。

 

曽我部は名刺を天城に渡し、隣に腰を下ろした。

曾我部将名片递给了天城,便在他旁边坐了下来。

 

「実はひとつ、天城さんにおうかがいしたいことがありまして」

“其实我有一事想向天城先生请教一下……

 

天城は受け取った名刺を見てかすかに首をかしげた。

天城接过名片看了看,微微偏了偏头。

 

「ネットワークトラブル・コンサルタント……」

“网络障碍咨询(事务所)……

 

「ネットに関する諸問題を扱っています。まあ、興信所のようなものです」

“我们专门处理网络相关的各种问题。也就是,和信用调查所类似的事务所。

 

「さきほどもいいましたが、物忘れがひどくなってるんです。それに……私の仕事については、お話しできませんよ」

“我刚才也说到过,我如今很健忘。因此……如果是关于我的工作的话,我可是无可奉告哦

 

ネットという単語を聞いて警戒心を持ったようだった。天城丈太郎のような職業に就いていた者なら当然の反応だ。

一听到网络这个单词就会提高警戒,这似乎是做天城丈太郎这样的工作的人的自然反应。

 

「そんな大したことではないんです」

“我并不是想要问什么大不了的问题。

 

曽我部は何気なさを装って言った。

曾我部装作若无其事地说道。

 

「ガイスト、という名前に覚えがありますか」

"您对‘geist’这个词汇有印象吗?"

 

「それは、ええと。霊という意味ですか?」

“那是,这个,是指灵魂的意思吗?” 


とまどったような口調。

天城用拿不准的口吻回答道。 


「確か、哲学用語か何かだったと思いますが。あ、名前とおっしゃいましたね。……ヨーロッパの風景画家に、そんな名前の人がいたと聞いたことがあるような気がします」

“这的确会让人联想到哲学用语之类的啦,啊,说到这个名字啊……我似乎听说在欧洲风景画家里就有人叫这个名字的样子。” 


記憶をさぐるようにゆっくりと喋ると、天城は曽我部を見た。

曾我部慢慢地像是在搜刮记忆似的念叨道,这时天城看向了曾我部。

 


上一页    下一页

最后编辑于:2014-10-20 21:34

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团