2014.10.20【日译中】.hack//bullet——让“欲望之鼠”淹没世界吧!序章6

发表于:2014-10-20 21:33 [只看楼主] [划词开启]

「難しそうな本ですね。仏教ですか」

【这书看起来很难懂呀。是跟佛教有关的吗?】

 

「ええ。職場の同僚に借りたんです。ずっと以前に借りっぱなしになってました。せっかくの機会だから、今のうちに読んでおこうと思うのですが、なかなか読めない」

【是的。这是我跟职场的同事借来的书。很久以前借了,就一直放到了现在。因为机会难得,我才想趁现在看一看,却很难看得进去。】

 

天城は本の表紙をなでながら苦笑を浮かべ、独り言のようにつぶやいた。

天城一边摸着书的封面,一边面露苦笑,像是在自言自语般地嘟囔道。

 

「……ここに来る直前に、そいつと仕事のことで大喧嘩してしまいましてね。すごく怒らせてしまった」

【……直到来到设施之前,我都还在因为工作的事情和他大吵特吵呢。当时我真是被他给气坏了。】

 

曽我部は黙っていた。

曾我部沉默不语。

 

「まだ怒ってるみたいです。見舞いにも来てくれませんから……」

【我到现在好像都还在生气。因为他从来都不来探望我……】

 

不意に風が吹いて木立を鳴らした。それまでのすがすがしさが一転して急に肌寒くなった。

不经意间刮过一阵风,吹得树丛沙沙作响。直到刚才还清新舒爽的空气突然就变得凉飕飕的了。

 

天城は身を震わせた。

天城的身体发起抖来。

 

「寒い。風が出てきました」

【好冷啊,刮起风来了。】

 

「ああ、どうぞ中へ。私はもう少し、ここの空気を楽しんでいきます」

【是呀,请回到里面去吧。我还想稍微再享受一下这里的空气。】

 

天城は軽く会釈すると、杖をつきながら施設へ帰っていった。左足をぎこちなく引きずっていた。

天城轻轻颔首,拄着拐杖回到了设施中——硬拖着不习惯行走的左脚。

 

曽我部は天城の後ろ姿が見えなくなるのを待ってから、ポケットから携帯端末を取り出し、パネルを指でなでてメモ機能を呼び出した。待機画面が一瞬表示され、現在時刻が映し出された。

曾我部直等到看不见天城的背影,才从口袋中取出携带式终端,用手指轻划屏幕调出记事程序。屏幕上瞬间显示出待机画面,现在的时刻也显示在上面。

 

二〇二三年五月十九日、午後一時ニ分。

2023年5月19日,下午1点过2分。


上一页    下一页

最后编辑于:2014-11-03 23:55

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团