【002队活动贴:愚人节】

等待狸猫 (狸猫) 译人小成
562 11 3
发表于:2014-03-28 16:11 [只看楼主] [划词开启]

本来想说要是你们参加的话就各自发帖,后来想想太乱了,于是还是弄个活动贴统一发在楼下吧~相信吉吉大人不会介意的。。。

愚人节活动来啦!有福利!



活动时间:3.28-4.7

活动福利:

选择翻译指定内容有一定的作业量减免~下面三篇根据难度不同减免程度不一~【翻译原文见活动内容】

①愚公移山【约20句】【中译英/日】

由于是古文,加上是中文翻译成外语,对于翻译和外语输出的考验都比较大。所以翻译出来算50句的作业。

从参与的翻译中选出一篇最棒的译文(日、中各一篇),可获得60句的减免福利+1w沪元+30学币奖励【喂 不要小看多出来的十句嘛】

②愚人节由来【约20句】【英译汉/日】

选择【英译汉】=30句的作业,选出最好的一篇=40句的作业+30学币奖励

选择【英译日】=40句的作业,选出最好的一篇=50句的作业+30学币奖励

③愚人节起源5选【约30句】【日译汉/英】

选择【日译汉】=40句的作业,选出最好的一篇=50的作业+30学币奖励

选择【日译英】=50的作业,选出最好的一篇=60句的作业+30学币奖励


参与方法:

本队队员在活动贴下方回复选择的材料编号+译文

例:

选择材料:①愚公移山【英译汉】

译文:……

拉票宣言:……


投票方法:

给你认为好的译文点赞即可。【就是那个大拇指啦】


注意事项:

1. 可选择多篇材料进行翻译,为方便评分点赞统计,请务必分不同楼层。

2. 作业减免只在活动期间发帖有效。

3. 每人参与活动的译文不得超过2篇

4. 除材料①外,若出现某材料的某种译文只有一人翻译的情况,则没有评比的需要,也不实施选拔后的减免。

5. 学币奖励为学习卡~请敲诈猴子





活动内容:

4.1是愚人节!队长体谅大家事务繁忙,作业写不完,故借愚人节活动来给大家减轻作业量!但是一定要认真完成哦!!

任选以下跟“愚人”有关的一篇材料翻译:

①愚公移山【约20句】

       太行,王屋二山,方七百里,高万仞,本在冀州之南,河阳之北。
  北山愚公者,年且九十,面山而居。惩山北之塞,出入之迂也。聚室而谋曰:“吾与汝毕力平险,指通豫南,达于汉阴,可乎?”杂然相许。其妻献疑曰:“以君之力,曾不能损魁(kuí)父之丘,如太行、王屋何?且焉置土石?”杂曰:“投诸渤海之尾,隐土之北。”遂率
子孙荷担者三夫,叩石垦壤,箕畚(jīběn)运于渤海之尾。邻人京城氏之孀(shuāng)妻有遗男,始龀(chèn),跳往助之。寒暑易节,始一反焉。

  河曲智叟笑而止之曰:“甚矣,汝之不惠。以残年余力,曾不能毁山之一毛,其如土石何?”北山愚公长息曰:“汝心之固,固不可彻,曾不若孀妻弱子。虽我之死,有子存焉;子又生孙,孙又生子;子又有子,子又有孙;子子孙孙无穷匮(kuì)也,而山不加增,何苦而不平?”河曲智叟亡以应。
  操蛇之神闻之,惧其不已也,告之于帝。帝感其诚,命夸娥氏二子负二山,一厝朔东,一厝雍南。自此,冀之南,汉之阴,无陇断焉。


②愚人节的由来【约20句】

In 1708 a correspondent wrote to the British Apollo magazine asking, "Whence proceeds the custom of making April Fools?" The question is one that many people are still asking today.

The puzzle that April Fool's Day presents to cultural historians is that it was only during the eighteenth century that detailed references to it (and curiosity about it) began to appear. But at that time, the custom was already well established throughout northern Europe and was regarded as being of great antiquity. How had the tradition been adopted by so many different European cultures without provoking more comments in the written record?

References to April Fool's Day can be found as early as the 1500s. However, these early references were infrequent and tended to be vague and ambiguous. Shakespeare, writing in the late sixteenth and early seventeenth centuries, made no mention of April Fool's Day, despite being, as Charles Dickens Jr. put it, a writer who "delights in fools in general." 

Many theories have been put forward about how the tradition began. Unfortunately, none of them are very compelling. So the origin of the "custom of making April Fools" remains as much a mystery to us as it was back in 1708.

Mythological Origins:

Scholars in the eighteenth and nineteenth centuries, suspecting April Fool's Day to be of great antiquity, occasionally tried to locate its origins in ancient mythology. Such theories never found wide acceptance, but they're included here since they were so often raised in discussions of April Fool's Day.


Roman Mythology
In Roman mythology Pluto, the God of the Dead, abducted Proserpina and brought her to live with him in the underworld. Proserpina called out to her mother Ceres (the Goddess of grain and the harvest) for help, but Ceres, who could only hear the echo of her daughter's voice, searched in vain for Proserpina. Some scholars theorized that the fruitless search of Ceres for her daughter (commemmorated during the Roman festival of Cerealia) was the mythological antecedent of the fool's errands popular on April 1st.


Christian Mythology
It was once popular to christianize April Fool's Day by locating its origin in Biblical traditions. For instance, the tradition was attributed to Noah's mistake of sending a dove out from the ark before the flood waters had subsided (thereby sending the dove on a fool's errand). A second story suggests that the day commemorates the time when Jesus was sent from Pilate to Herod and back again. The phrase "Sending a man from Pilate to Herod" (an old term for sending someone on a fool's errand) was often pointed to as proof of this origin theory. 


どれが本当か分からない!エイプリルフールの起源5選【约30句】

4月1日は、ウソをついてもいい日『エイプリルフール』です。
他の記念日と違ってカレンダーには記載されないのに、誰もが知っているという不思議な日。
そもそも、なぜエイプリルフールは始まったのでしょうか?


エイプリルフールの起源5選

エイプリルフールの起源は実にさまざまあります。

●その1:横暴な国王に反抗するため

16世紀の西欧では、3月25日が新年で、4月1日まで春の祭りを行っていました。それが1564年、フランスのシャルル9世が1月1日からを新年とする暦を採用しました。
これに反発した人々が4月1日をウソの新年として馬鹿騒ぎをするようになったそうです。
憤慨したシャルル9世は、騒いでいた民衆を片端から捕まえて処刑していまいました。フランスの人々はそれにショックを受け、この事件への抗議の意味を込めて、毎年バカ騒ぎを続けるようになったとか。


●その2:バカな魚という意味

フランスでは、4月1日は『Poisson d'Avril(ポワソン・ダブリル)』と呼ばれています。4月にはものすごく魚が釣れるので「バカな魚」という意味です。
その大漁祝いとして、ウソをつくようになったんだとか。
この名残で、フランスの子供たちはエイプリルフールになると、紙で作った魚を友だちの背中に貼り付けてからかいあうそうです。
ちなみに4月に釣れるバカな魚は、サバ(maquereau)で、この言葉には「ヒモ男」や「誘拐犯」という意味もあります。4月にはそういったひとが増えるからだそう。


●その3:ノアの方舟関連

キリスト教旧約聖書、ノアの方舟(はこぶね)に基づく説もあります。
ノアが方舟からハトを放ち陸を探そうとしたのですが、何も見つけられずハトが戻ってきたその日が4月1日。そのことからムダな日=ウソをついていい日となったとか。


●その4:悟りの境地から戻ってくるから

インドの修行僧たちは、春分の日から1週間、過酷な修練を行い、4月1日に修行が終わります。すると、せっかくの悟りの境地から、迷いの多い現世に戻ってしまい「つらい修行がムダになる」とし、そのことを笑う意味で、この期間があけた日を「揶揄節」と呼び、人に無駄なことをさせてからかったということから、エイプリルフールになったという説がります。


●その5:道化師の無礼講がはじまり

古代ローマの『さかさま祭り』が起源という説もあります。この日は道化師(FOOL)が聖職者になって、無礼講のどんちゃん騒ぎが行われたといいます。

そこから「ウソをついてもさかさま」という日に変化したのだとか。

このように諸説あって、どれが本当の起源なのか分かりませんが、どの説も「悪意のないウソ」をつくのが共通しているようですね。
ちなみにイスラム教においては、ウソをつく行為がコーランに反するため、エイプリルフールは強く禁止されているそうです。


日本でのエイプリルフール

現在、日本でも多くの人々、企業までもがエイプリルフールを行っていますよね。
日本にエイプリルフールが伝わったのは江戸時代。当時は『不義理の日』と言われていたそうです。当時は不義理を働く(ウソをつく)のではなく、ふだん義理を欠いていたことを手紙などで詫びる日でした。江戸時代のウソに対する厳格な価値観がうかがえますね。
今のように「ウソをついてもいい日」となったのは大正時代から。

ウソをつくことにいい印象は持ちませんが、いつも本音ばかりでは疲れきってしまいますよね。1年に1度のエイプリルフール、楽しいウソをつきましょう。


最后编辑于:2014-10-29 19:05
分类: 爱翻大厅
全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 3

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 社员手册
  • 作业登记帖
  • 战绩帖
  • 表彰大会
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团