2014.04.21【日译中】碧普莉娅古书堂的记事本(20)

馒头不是猫 (馒头) 路人甲
116 3 0
发表于:2014-04-21 10:59 [只看楼主] [划词开启]

【日文】

《ビブリア古書堂の事件手帖》
〜栞子さんと奇妙な客人たち〜
第一話  夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)

    「叩いたりするつもりじゃなかったんだ。あの時は悪いことをしたね」
    遠くをみる祖母の目は妙に澄みきっていて、なんとなく気味が悪かった。
    「勝手に部屋に入ったのは俺だろ。別に気にしてないって」
    いちいち根に持つようなことではない。祖母に殴られたのは、後にも先にもあの時だけだ。しかし、祖母の表情は晴れなかった。
    「今でも本を読んでいたら、お前の人生はだいぶ違ってたんじゃないかね。あたしはそう思うよ」
    俺は指先で軽く眉をかいた。それはそうかもしれない。できない読書にこだわるのはやめて、大学では勧誘させるまま柔道部に入っていた。四年間で段位を取り、県の体重別選手権では上位に食いこんだ。短期間でそれなりに強くなったと思う。首まわりや肩ががっしりして、ますます体格がよくなった。



【中文】


《碧普莉娅古书堂的记事本》
〜栞子和奇妙的客人们〜
第一话    夏目漱石《漱石全集•新书版》(岩波书店)

    “其实没想打你的,我那时候对你做了可怕的事情呢。”
    外婆眺望着远处,眼睛清澈得奇怪,我总觉得有一点可怕。
    “随便进外婆房间是我不好,你不要在意过去的事情了。”
    这不是什么需要耿耿于怀的事情,外婆打我就只有那一次,之前没有,之后也没有。但是,听了我的话,外婆还是一脸愁容。
    “如果你现在还能看书的话,你的人生应该会大不同吧。我是这样觉得的。”
    我用指尖摸着眉毛陷入沉思,外婆说的也不是没道理。我读大学的时候不再纠结于能不能看书,接受邀请进了柔道部。大学四年里,我取得了段位,在省重量级选手里名列前茅。短时间内,我就那样变强了,头颈肩膀也变得粗壮宽厚,体格越来越好。

2014.04.18【日译中】碧普莉娅古书堂的记事本(19)

2014.04.17【日译中】碧普莉娅古书堂的记事本(18)

2014.04.16【日译中】碧普莉娅古书堂的记事本(17)

2014.04.15【日译中】碧普莉娅古书堂的记事本(16)

2014.04.14【日译中】碧普莉娅古书堂的记事本(15)










最后编辑于:2014-10-29 19:43
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团