2014.04.26.【日译中】愛読書の印象(二) 芥川龍之介

笨蛋地瓜 (ben) 路人甲
221 14 0
发表于:2014-04-26 20:11 [只看楼主] [划词开启]

中学を卒業してから色んな本を読んだけれども、特に愛読した本といふものはないが、概して云ふと、ワイルドとかゴーチエとかいふやうな絢爛(けんらん)とした小説が好きであつた。それは僕の気質からも来てゐるであらうけれども、一つは慥(たし)かに日本の自然主義的な小説に厭きた反動であらうと思ふ。ところが、高等学校を卒業する前後から、どういふものか趣味や物の見方に大きな曲折が起つて、前に言つたワイルドとかゴーチエとかといふ作家のものがひどくいやになつた。ストリンドベルクなどに傾倒したのはこの頃である。その時分の僕の心持からいふと、ミケエロ?アンヂエロ風な力を持つてゐない芸術はすべて瓦礫のやうに感じられた。これは当時読んだ「ジヤンクリストフ」などの影響であつたらうと思ふ。

  从中学毕业以来,虽然读各种各样的书,但特别喜欢的书和畏惧都没有了,大概……。野蛮也好xx也好,喜欢XXX那样灿烂的小说。这是根据我的性情……,但是有一个起了反作用的确实很讨厌的日本自然主义的小说。然而,高中毕业前后,xx兴趣和对事物的间接有很大的变化,之前说的野蛮也好xxx也好……变得严肃起来。为Xx等而倾倒的事也是那个时候。那个时候,我感到畏惧。没有Xx风那样的力量的艺术全部都瓦解了。这是当时读《ジヤンクリストフ》等带来的影响。

 さういふ心持が大学を卒業する後までも続いたが、段々燃えるやうな力の崇拝もうすらいで、一年前から静かな力のある書物に最も心を惹かれるやうになつてゐる。但、静かなと言つてもた静かだけでも力のないものには余り興味がない。スタンダールやメリメエや日本物で西鶴などの小説はこの点で今の僕には面白くもあり、又ためにもなる本である。

  xx畏惧的心情即使在大学毕业之后也依然存在,但时不时地燃烧起来的对力量的崇拜已经没有了,从一年前,拥有安静的力量的书刊最打动人心。但是,说是安静的,但如果只有安静的话,缺乏力量的东西是没有趣味的。XXXX和日本物,西鹤等的小说直到如今都能让我感到有趣,而且,即使为了这样而存在的书也有。

 序ながら附け加へておくが、此間「ジヤンクリストフ」を出して読んで見たが、昔ほど感興が乗らなかつた。あの時分の本はだめなのかと思つたが、「アンナカレニナ」を出して二三章読んで見たら、これは昔のやう有難い気がした。

  即使是序言,……,但在这中间读了《ジヤンクリストフ》,但连过去都不感兴趣,何况如今。虽然觉得那个时候的书不好,却也看了《アンナカレニナ》的两三章,这是过去的……

 



额。。。。。翻译完,噢,不,拼完之后,整个人都不好了。。。要不是吉吉的鼓励 。。。。。都已经放弃了好么?QAQ  下次选文章的时候一定要老老实实看完再说!!不能让悲剧再上演!!每个句子里都有不认识的,完全就是在乱来啊!!QAQ   大家不要看我的翻译了。。。看看日文就好。。。。QAQ  好多东西都不会,又查不到。。。。QAQ

 

最后编辑于:2014-10-29 21:12
分类: 日语
全部回复 (14) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团