2014.05.03【日译中】舌尖上的世界--德国香肠(3)

syorinnpu (米洛)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译犹未尽
241 9 0
发表于:2014-05-03 21:13 [只看楼主] [划词开启]

视频地址:http://www.tudou.com/programs/view/_IyXPBuY75k/

(高木由美子ディレクター)

(导演高木由美子画外音)

私は豚の屠殺と解体を見たのは初めてでしたけれどもクッセンバーガさんたちのあまいの手際の良さに圧倒されてそうショッキングだと思いませんでした。クッセンバーガさんの手捌きの鮮やかなこととか、はんものはよく切れることとか、次から次へと感心することばかりでした。

尽管我是第一次看见现场杀猪并肢解剁碎,但是由于被库茨巴卡先生他们精湛的宰杀手艺所折服,所以并没有感觉到可怕和震惊。库茨巴卡先生那熟练的刀法和一切两半的手艺,让人佩服不已。

豚の解体は日本人が魚一匹下ろすのによく似ていると思いました。毛を取るのは魚の鱗を取るのに似ていますし。背割りは差し詰め三枚に下ろすようにもんです

我认为猪的肢解方式和日本人切鱼的手法很相像,拔猪毛类似于刮鱼鳞。(两者都是)沿着背脊切成3

十歳になる娘のドーリスちゃんがことの一部始終をじっと見ていたのを印象的でした。彼女は毎日豚の世話をして、その豚がこうして屠殺解体されていくのを見て、その豚肉を毎日食べています。そう言ったことを全て普通のこととして彼女は取らえてるわけです。ドーリスちゃんを見ていて、肉を食べることの前には必ず屠殺があるのだという現実を子供の頃から極自然に受け止めていく様子がよく分かりました。

让我们印象深刻的是10岁的小女儿多利苏始终目不转睛地看着全过程。她每天照料猪群,看着这些猪这样被宰杀并肢解。她每天吃的都是这些猪的肉。这些对她来说都是很正常的能接受的事情。看着多利苏,我们了解了孩子从小就能很自然的接受在吃猪肉之前一定会先宰杀猪这一事实。

一時間経ちました。

1小时过去了

大腸は裏がいしてきれいに洗います。これは膀胱、これも後で使い道があります。

反转(猪的)大肠并洗干净。这是猪的膀胱,之后也有用处。

記録によれば、1502年、ニュルンベルク市民の肉の消費量は一人当たりおよそ80キロ。これは現在のドイツ人と同じです。もともと土地が痩せ、気温が低いドイツの風土は作物の生育に適したものではありませんでした。穀物はいつも不足していました。痩せ地の雑草や森の木の実で育つ豚はこの風土に一番合った食用の供給源だったのです。秋、豚の餌の乏しくなる冬の前に、人々は豚をできるだけ太らせてから屠殺し、塩つけやソーセージなどの保存食を作りました。肉はご馳走と言うよりむしろぎりぎり命を繋ぐ糧だったのです。

根据记载,在1502年,纽伦堡市民的人均肉类消费量约为80公斤。这和如今德国人的肉类消费水平相当。原本德国贫瘠的土地和低温的风土环境都不适合种植农作物。谷物经常不足。以贫瘠土地的杂草和森林的果实为食而成长起来的猪是最适用于这方风土的食物供给源。秋天,人们赶在猪饲料短缺的冬天之前尽量把猪养肥然后宰杀掉,做成腌制品或香肠之类的干货。猪肉与其说是美食还不如说是维系生命的重要食粮。

クッセンバーガさんは農家のご主人です。村の家家を周り豚の解体をアルバイトにしています。おじさんが肉屋だったので、見よう見真似で解体の技術を覚え。今では週に2、3回この仕事はします。

库茨巴卡先生是农舍的主人。周边农家的猪的肢解工作都由他来兼任。因为叔父是开肉店的,所以他记住了(肢解的)技巧。现如今(肢解猪)这样的工作平均每周要做2-3次

ゼラチン質を含んだ革はソーセージのつなぎになります。脂肪は大半をラードにし、一部をソーセージの中身に混ぜます。豚一頭120キロの3分の2は精肉やベーコン用になり、残るがソーセージになります。豚の解体が終わるまでに2時間半。

将含有动物胶的猪皮做成香肠的表皮。肥肉的大部分将做成猪油,少部分混合到香肠中。一头120公斤重的猪有三分之二做成精肉和培根,剩余部分做香肠。整头猪的肢解工作历时2个半小时。

次はいよいよソーセージ作りにかかります。どんなソーセージをどのくらい作る。それを決めるのは、一家の主婦の権限です。ミンチを作る肉挽き器、ソーセージの中身を詰める加工用器具は村のどの家にもあります。

接下来终于要制作香肠了。以何种方式制作什么样的香肠是由家庭主妇决定的村里每家都有绞肉机和压紧香肠的加工用具

(高木由美子ディレクター)

(导演高木由美子画外音)

ソーセージと聞くと、わたしたちにはウィンナーソーセージやフランクルトソーセージくらしが頭に浮かびませんけれども、ドイツのソーセージ、ドイツ語で「ユウグルス」とは実に豊かな広がりを持っています。肉のどの部分をどう組み合わせ、どんなスパイスで中身を作る、腸に詰めるのか胃に詰めるのか、瓶に詰めるのか、詰めてから茹でるか茹でてから詰めるか、これらの組み合わせによってソーセージの種類はいくらでもあるんです。ドイツ人が毎日のようにソーセージを食べていると聞くと、単調な食事なのにと思いますけれども。ビュットナーさんのところのソーセージ作りを見ていると一つ一つがとても個性てきてあることが分かります。

说起香肠,尽管我们的脑海里会浮现出维也纳香肠和法兰克福香肠,然而在德语里被称为“悠谷鲁斯”的德国香肠却有着很丰富的内涵。比如说要用哪些部分的肉如何组合,用什么香料做香肠馅,是塞在肠子里还是塞在胃袋里或者是收到罐子里呢,是塞紧了再煮还是煮完了再塞紧呢香肠根据不同的搭配方式分成了不同的种类。刚听说德国人每天都吃香肠的时候,还认为这是很单调的饮食。然而现在从必妥纳先生做香肠的方法来看,不管哪一种都很有个性。

こうやってみんなで刻んいるのは、「ケッセルブライシュウ」ポットで茹でた肉という意味です。いずれソーセージの中身になっていきます。精肉にしない部分の徹底てきな利用な仕方には驚かされます。目玉と蹄以外に全部使うんです。

像这样大家一起来把肉剁碎切细做出的叫做【凯瑟尔布莱修】,是壶里煮的肉的意思。姑且可以作为制作香肠的材料。那些不是精肉的部分的彻底运用让人吃惊。除了眼珠和蹄子以外全都用上了。

 

往期链接:

2014.03.23【日译中】舌尖上的世界-德国香肠(2)

2014.03.03【日译中】舌尖上的世界-德国香肠(1)

2014.03.02【日译中】舌尖上的世界--序言 
最后编辑于:2014-05-11 10:34
分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团