2014-5-11 [日译中]《自らの死を考える》

也也家的didi (菓子ちゃん) 译犹未尽
367 15 0
发表于:2014-05-11 18:25 [只看楼主] [划词开启]

                                      

    明治期から昭和にかけて、文明批評に健筆を振るった長谷川如是閑に、こんな言葉がある。「生命は刹那の事実なり、死は永劫の事実なり。」(「如是閑語」)。死の永遠性に比べれば、生きている時はあっという間だと、生あるものの切なさを述べる。

    从明治时期到昭和时期,提笔批评文明的长谷川如是闲曾说过:“生命一瞬间,逝去则永恒”(「如是闲语」)。通过活着的瞬间与逝去的永恒相比,表达出活着的悲哀。

    刹那の川から永劫の方へと移る境目を、どんな上状態で迎えるのか。自分の意思はどう扱われるのか、果たして意識はあるだろうか。死というものを考える時、そんな思いもよぎる。

    从“瞬间”到“永恒”的关头,人们会以什么样的状态去迎接这一刻呢?自己的意愿会被尊重吗?在那一刻人们还有自己的意识吗?我在思考死的时候,脑子里就会想这些问题。

    富山県の射水市民病院で、7人の患者が人口呼吸器を外されて死亡していたことが分かった。病院によれば、患者は意識が無く回復の望みがない状態で、治療の責任者だった外科部長はいずれも家族の同意を得て外したという。7人とは別に、呼吸器を外されかけた患者があり、その家族は「取り外しについての説明はなく、外すようお願いしたこともない」と語る。生と死の境目の場面での証言が食い違っている。

    在富山县的射水市民医院,有7位病人因为被摘除人工呼吸器而导致死亡。据医院宣称,因为病人没有意识,也没有恢复的迹象,所以负责治疗的外科主任在征得了病人家属的同意以后,摘除了病人的呼吸器。除了这7位病人,还有1位病人差点也被摘除呼吸器,其家属说:“医院并没有说明为什么要摘除呼吸器,我们也没有拜托医院这么做。”在生死关头的问题上,双方各执一词。

    病院側は、外科部長の行為が「延命治療の中止装置だったとして、論理的、道義的に問題があった」と謝罪した。延命中止についての国の指針は、、まだてきていない。

    关于外科主任的行为----中止续命治疗的措施,在伦理上和道德上是存在问题的,院方对此进行了道歉。关于中止续命治疗,日本还没有相关的条例。

    厚生労働省の02年度の調査では、自分が末期がんなどで痛みを伴い、余命に限りがある場合、単なる延命治療は中止して欲しいする市民が7割強を占めた。前もって延命治療を拒否する考えを文書で残す「リビング•ウィル」に賛成する人は初めて半数を超え、6割となった。

    根据厚生劳动省的调查,假设自己处于癌症末期,忍受着疼痛,并且剩余时间不多时,70%以上的市民希望可以中止这种仅仅为了续命的治疗。同意把“拒绝续命治疗”提前写到「Living Will」里的市民首次超过了半数,达到了60%。

    死は直視し難しい。しかし、いつかは訪れる。あらかじめ対応を考えておくのもいいのかもしれない。

    我们很难正视死亡。但是,死终究会来临。可能事先想好怎么应对比较好。



以往翻译:

2014-5-9 [日译中]《外国語学習の意味》

2014-5-5 [日译中]《フィルムからデジタルに》

2014-5-3 [日译中]《本当の大人に》





最后编辑于:2014-10-29 20:12
分类: 日语
全部回复 (15) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团