2014.05.19【日译中】魔女の家第一章1-5

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
311 20 0
发表于:2014-05-19 21:25 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


結局、母が私にすることができたのは、皮膚を包帯で保護することと、薬を飲ませること。先のことなんて、わからなかった。そのとき、私は子どもだったし。母は、私の望みどおりに、私を外に送り出してくれていた。
到头来,妈妈能为我做的,也就是用绷带把我的皮肤保护起来,和喂我喝药这两件事。而这接下来的道路,无从知晓。那个时候,我也只是个孩子罢了。妈妈顺应了我的期望,放我出门玩耍。

足の包帯はスカートで隠せても、顔の包帯は隠せずにいた。動いたり、顔を引っかいたりするたびに、包帯の隙間(すきま)から、つぶれたミミズがはりついているような気味の悪い皮膚があらわになった。
但即使能用裙子遮盖住腿上的绷带,脸上的绷带也是藏不住的。每次我一动作,或是挠自己的脸,令人厌恶的皮肤就从绷带的缝隙间裸露出来,那仿佛覆盖着碾碎的蚯蚓一般的皮肤。

同じ年の子どもは私のことを気味悪がった。感染するような病気ではなかったけれど、親たちは、私をおそれて自分の子どもを近づけなかった。
同龄的孩子都很害怕我。虽然我患的不是传染类的疾病,但大人们都提防着我,不让自己的孩子靠近我。

遠巻きに、私を見てひそひそ話す集団もあった。私は、気づかないふりをして、一人で遊んでいた。小さな胸は泣いていた。それでも、陰気(いんき)くさい部屋の中にいるよりは、ましだった。
也有远远地围成一个圈,望着我悄悄议论的小群体。但我只是,装作没注意到一样,一个人玩耍着。小小的内心,无声哭泣。即使只能这样,也比一直呆在那阴暗的房间里面强多了。

遊ぶのに飽きれば、家に帰った。
玩倦了,就回家。

汚れた服や包帯はそのままにして寝転がり、母が帰ってくるのを待っていた。
放任脏了的衣服和绷带,躺倒在床上,等待着妈妈的归来。

(TBC


大家好这里依旧是小废柴嘉嘉QUQ。第六次交作业请大人萌多多指教!!!
最近又是失眠又是课堂演示。困的累的像条狗。可能评论会延迟请原谅。
然后今天小心翼翼的去【魔女之家】官网留言。请求非盈利的翻译许可。
说实在的现在发帖还是有一点胆战心惊。版权问题什咩的真是太严肃了。
少年祈祷中( ´-`)†あーみん。・・・(,,゚Д゚)†
所以今天也是要好好做人!!ヽ(´Д`;)ノ
【以及好想翻译乙一的作品!!

最后编辑于:2014-11-21 11:11

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (20) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团