2014.05.20【日译中】魔女の家第一章1-6

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
241 7 0
发表于:2014-05-20 11:21 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


ある日、いつものように、母が仕事から帰ってきた。「楽しかった?」と聞きながら、私の汚れた服に手をかける。
有一天,像往常一样,妈妈工作归来了。“开心吗?”妈妈一边费劲地清洗我的脏衣服上,一边问道。

その、母の手を見たとき。
在我看到妈妈的手的那个时刻。

どうしてかわからないけれど、不安がよぎった。身体中の毛穴から、冷や汗が吹き出るようだった。
虽然不知道由来是什么,但我心头掠过一阵不安。身体上的毛孔里,仿佛有冷汗冒了出来。

——お母さんの手って、こんなに荒れてたっけ?
——妈妈的手,以前也是这么粗糙的么?

口に出して聞くことはできなかった。聞くことを想像すると、足がすくんだ。お前のせいだよ。と、どこかからささやくこえがして、震えた。
没法开口询问。我光是想象一下那个场景,就双腿发软。“是你不好哦。”听到了不知道从那里传来的轻身细语,我颤抖着。

母の手荒れが、すべて私の世話のせいであるとは言い切れなかった。だけど、少なくとも私の世話をすることが、母の生活に影響を与えていることには違いなかった。
妈妈变得粗糙的双手,虽然不能把全部原因推到对我的照料上。但是,至少可以说,照顾我一定是给妈妈的生活带来了影响的。

このままでいたら、いつか、私は、母に見捨てられる。
如果再这样下去的话,总有一天,我会被妈妈抛弃。

そのときの私は、そう直感した。
那个时候,我潜意识里这么想着。

人に優しくできるのは、自分に余裕があるときだけだ。
人只有自己宽裕的时候,才有功夫去对别人温柔。

母は何も言わなかった。何も言わなくても、かたく結ばれた唇は、私を非難しているように見え、私をおびえさせた。
妈妈什么都没有说。但虽然什么都没说,她那紧闭着的双唇,仿佛以一种谴责的姿态,让我心生恐惧。

嫌だ。捨てられたくない。
不要!我不想被抛弃!

私は全身で叫んでいた。
我全身上下的每一个细胞都在尖叫。

頭の中で信号が飛び交い始めたのは、そのときからだったと思う。
我想我脑中的信号,就是从那个时候开始纷飞交错的。

(TBC


大家好这里依旧是神烦的小废柴嘉嘉QUQ。第七次交作业请大人萌多多指教!!
现在还是胆战心惊。关于这个小说的转载问题。虽然大家也有转载东野老师的文。
网上也到处都是乙一老师的文。大家这个观念也挺淡薄的。但是还是很害怕的呀。
少年继续祈祷中( ´-`)†あーみん。・・・(,,゚Д゚)†
今天整理好了【神の言葉】的稿子。如果这里不能被容许的话。就滚去翻那个。
所以今天也是要好好做人!!ヽ(´Д`;)ノ

最后编辑于:2014-11-21 11:11

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (7) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团