2014.05.22【日译中】日光避けすぎ…ビタミンD欠乏する恐れ

发表于:2014-05-22 15:06 [只看楼主] [划词开启]
 

皮膚がんのリスクなど、紫外線の害が叫ばれるようになって久しい。紫外線が強くなる5月、日焼けには注意したいが、最近、過度に日光を避ける風潮が強まり、乳幼児にビタミンD欠乏症が増えている。浴びるのも避けるのもバランスを心がけよう。

一直以来,我们把皮肤癌的风险归咎于紫外线的伤害。在紫外线强烈的五月,

虽说是想要避免晒伤,但最近有过度防晒的趋势,婴幼儿的维他命D缺乏症

也有所增加。因此,我们要注意防晒与吸收日光的平衡。

 大阪市立総合医療センター小児代謝・内分泌内科の依藤(よりふじ)亨さんは、1か月に1人は「くる病」や「低カルシウム血症」の子どもを診察する。

 大阪市立综合医疗中心的儿童代谢及内分泌科的依藤亨医生一个月会诊断一个[软骨病][低钙血症]患者。

 「20年前にはほぼなかった病気ですが、どんどん増えている印象です」

[20年前几乎没有的病症,现今日益增加]

 いずれもビタミンD不足による病気で、患者増加の主な原因が、日に当たらないこと。このほか、元々ビタミンDの含有量が少ない母乳だけの育児や、食物アレルギーで食べられない食品がある子どもの増加も要因とされている。

不管怎样,维他命D不足,患者增加的主要原因是日光吸收不足。另外,还有一个重要原因是,就是维他命含量少的母乳哺乳的幼儿和因食物过敏有不能入口的食物的儿童的增加。

 ビタミンDは肝臓と腎臓で活性化されてカルシウムの吸収を助け、骨や筋肉を丈夫にする。食物だけから必要量をとるのは難しいが、紫外線に当たると体内で合成される。

维他命D可以促进肝脏和肾脏对钙的吸收,强化骨骼和肌肉。仅靠食物摄取的量是不够的,所以需要通过吸收紫外线在体内合成。

 ビタミンDが不足して血中のカルシウム濃度が低下すると、0歳児では低カルシウム血症による全身のけいれん、1~3歳児では、くる病によるO脚などの骨格異常が起こる。治療は、ビタミンDを数か月以上飲むことが必要だ。

维他命D不足,血液中的钙浓度会下降,婴儿就会出现因低钙血症引起的全身痉挛,而13岁的幼儿会因软骨病引起O型腿等骨骼异常。治疗时,必须数月服用维他命D

 来院した子どもの母親は「紫外線は体に悪いと思って避けていたのに。こういう病気があるとは知らなかった」と驚くという。

  来医院就医的孩子母亲会吃惊的说“知道紫外线对身体有害所以防晒,但是不知道竟然还有这种病”

 美白ブームもあり、最近、特に女性は日に当たるのを極端に避ける人も珍しくない。ビタミンD不足の女性から生まれた子どもは骨量が低くなるとされ、正常に生まれた新生児の2割がビタミンD欠乏状態だったという調査報告もある。依藤さんは「乳幼児だけでなく、妊娠の可能性がある女性や骨の弱ったお年寄りも注意が必要」と説く。

现在盛行美白风潮,特别是女性,对于晒太阳极度避免的不在少数。据调查报告,

维他命D不足的女性生产会使新生儿骨量变低,而正常生产新生儿的两成有维生素D缺乏的症状。依藤提醒大家:“不仅仅是婴幼儿,还有有怀孕可能的女性和骨骼较弱的老年人都有必要注意。”

 どれくらい日に当たればよいのか明確な基準はなく、場所や天気、時刻にも左右される。ただし、過度に紫外線を浴びるのは発がんや白内障のリスクを高めるので、バランスが大切だ。

那么,到底晒太阳要到什么程度并没有一个明确的标准,会受到天气,场所以及时间的影响。但是过度的紫外线照射会提高患癌和白内障的风险。因此,最重要的是平衡。

 最近では紫外線アレルギーによる症状も注目されている。皮膚にある何らかの物質が紫外線によって変化し、アレルギー反応を引き起こす。

 最近,紫外线引起的过敏症状也引起了大家的关注。皮肤里的不知名物质受紫外线影响发生变化,引发过敏反应。

 多いのが、日に当たると赤い発疹が出る「多形日光疹」。5月でも、屋外で腕まくりなどして肌を露出していると発症することがある。女性の5%程度が経験しているとの調査結果もある。症状は軽く、通常は数日で治る。

多数情况是晒过太阳之后出现所谓的[多形日光疹]的红色疹子。五月份,在屋外露手臂手腕的肌肤就会出现这样的症状。根据调查显示5%的女性有过此类的经历。由于症状比较轻,通常几天就可以治愈。

最后编辑于:2014-10-29 19:52
分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团