20140522(日訳中)出会うー優しいの出会う

发表于:2014-05-22 23:35 [只看楼主] [划词开启]
 

通勤の電車というものは、だいたい同じ時刻に、同じ場所に乗るものです。何日か乗っていると、おのずから、この人はどこの駅で降りる、と分かります。

通勤电车,基本就是指在同一时刻,同一场所乘坐的电车。一旦时间长了,自然而然地就知道这个人在哪个站下车了。

  結婚したてのころ、保士谷から東京まで、横须贺線で通っていたころの話です。 

这是发生在我婚后那会,坐须贺保士ケ谷去东京路上的故事

  保士谷の次は横浜。立っている私の前の人は、毎朝横浜で降りるサラリーマンです。言わず語らず、ごく自然のまま横浜で交代し、その人の後をついで、私が座席にかけるのです。

保士谷的下一站是横浜。我一直站着,在我前面有一个在浜站下车的白领。不用多说,自然而然的,在浜我们交换了一下。在他下车后位子就是我的了。

  その席は、あたかも私の指定席のように、自他ともに許し合らたようなものです。だから、周囲の人も、競うことなく、平穏な通勤を数か月続けました。

这个位子,就仿佛是我的专坐一般,别人都默许的。因此,周围的人,也不和我抢,就这样风平浪静地过了几个月。

勤め人というものは、冠婚葬祭、有給休暇もありますので、このサラリーマン氏がその席に座っていないこともあります。私は「どうしたのかな。病気にでもなったのかしら。」と心配したものです。反対に、私が会社を休むと、その彼は心配しているのではないか、とウ又ボレみたものです。(这可能是印刷的错误))そして、その翌朝は、心なしか、お互いにホットした空気が感じられます。

上班的人,都有红白喜事,休假的时候,这位老兄也有缺席的时候。这时,我就会担心[怎么回事,难到是生病了不成]。相反,我休息的话,他也会担心吧。而且,次日,也许是心理作用,又感觉到两人之间的那种热烈的感觉。

  ところがある日、決まりきったこのシナリオに、変化が起こったのです。

但是,有一天,这一成不平的情况,发生了变化。

  横浜駅が近くなると、彼はいつも読んでいた新聞をたたんで、降りる用意をするのですが、この日は、新聞を読み続けているのです。

平日里,当电车临近横浜站,他就会将正在看的报纸收起,准备下车。但这天,他却一直在看报纸。

  記事に夢中になっていて、気がつかないようなので、「横浜駅ですよ。横浜につきましたよ。」と教えてあげようかと考えていると、その彼は新聞をパット下へおろし、「すみません。今日は東京本社で会議があるものですから」。

我以为他被新闻吸引住了,没有注意到已到站了。就想要提醒他[横浜站了呢,下一站就是横浜]。他突然放下报纸,说“对不起,今天到东京总部开会”。

  それから毎朝「おはようございます。」と挨拶を交わすようになりました。今も同じように元気で通勤しているのでしょうか。

从那以后,我们每天都会相互问候,我想,他现在还是那样的精神地上着班吧。

最后编辑于:2014-10-30 10:28
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团