2014.05.23【日译中】黑笑小说——もうひとつの助走13

发表于:2014-05-23 18:18 [只看楼主] [划词开启]

もうひとつの助走12

もうひとつの助走

又一次助跑

「まあ、こういうことは早く終わってほしいもんだよ」寒川はため息をついた。「自分は特に気にしちゃいないんだが、周りがうるさかてかなわない。じつは今日が選考会だということも、うっかり忘れそうになっていた。女房にいわれて思い出したというわけだ。締切だって近いし、いろいろと面倒だよ」

「ええ、そうでしょうねえ」広岡が二度三度と首を縦に動かした。

“算了,我还想再点完事呢。”寒川叹了口气。“自己也没有特别在意,只是受不了周围的人唠叨。其实今天的评选会我完全就忘记了。倒是妻子想起来提醒我。快到截止日期了,各种麻烦呀。

“哎呀,确实是呢”广冈再三点着头。

(無理してやがる)広岡は寒川のグラスにビールを注いだ。(本当は賞が欲しくてほうしくてたまらないくせにさ。正直に欲しいといえばいいんだ。何を格好つけてやがる。まあいいや、これだけポーズを作るぐらいだから、今日は落ちたとしても、さほどぐじぐじいうことはあるまい。とにかく結果が出たら、すぐに次の行動に移らなきゃな。本命はやっぱり望月だろう。望月は銀座のホテルで待機しているんだったな。なるべくなら記者会見には間に合うように行かなきゃな)

(像是要不行了一样)广冈往寒川的杯子里添酒。(明明非常想要获奖。直接说出来不就好了。还在那里装什么高贵冷艳。不过算了,只要摆出这副姿态,就算今天落选了,也不会唠叨个没完。总之结果一出来,得马上动身走人。能获奖的应该是望月吧。望月应该在银座的酒店等待着。应该得赶过去那边的记者见面会才行。

 ドアが勢いよく開いた。全員がぎくりとした様子で注視した。入ってきたのは扁桃社の駒井だった。「やあ、遅くなってすみません」

「なんだ、君か」広岡はうんざりした声が出した。「驚いたぞ。事務局から電話がかかってきたのかと思った。」

  门忽然被打开了。全部人吓了一跳,看着门的方向。进来的是扁桃社的驹井。“哎呀,迟到了不好意思

 “什么呀,原来是你。”广冈用不耐烦的语气说。“吓一跳。还以为是事务所打来了电话。


もうひとつの助走14

最后编辑于:2014-10-29 19:48
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团