2014.05.23【日译中】魔女の家第一章1-9

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
186 7 1
发表于:2014-05-23 20:37 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


「——くそっ! なめやがって!」
“——可恶!竟然小看人!”

乱暴に玄関の戸が開けられる音が聞こえて、父が帰ってきたことを知らせた。
大门那里传来了粗暴的开门声,告知着父亲已经回来了这一事实听到玄关那里传来粗暴的开门声就知道,是爸爸回来了

私と母は、驚いて身を離す。というより、とっさに離れたのは母のほうだった。
我和妈妈惊慌失措地分开了身子。与其这么讲,不如说是妈妈瞬间离开(放开了我

母は私の手を握っていたが、その手は小刻みに震えていて、緊張しているのが伝わってきた。
妈妈虽然紧紧握着我的手,但她的手却一刻不停地(微微地颤抖着,让我感受到她在紧张。

狭い家だったから、玄関から、私の寝ている部屋までは、ほとんどつながっていた。部屋のまんなかには大きなテーブルがあり、父は、その椅子に腰掛けると、手に持っていた瓶を、テーブルに叩きつけるように置いた。
因为家里很小,所以从大门到我睡着的房间,几乎就是紧挨着的。房间的正中央有一张大大的桌子,父亲在桌旁的椅子上坐下后,把手中拿着的瓶子几乎是猛摔一般掷在了桌上将手里的瓶子重重的摔在了桌子上。

父が何の仕事をしているのかは知らなかった。母より帰りが遅かったのは覚えている。父の短い髪やぼろぼろの服は、いつも土か何かで汚れているように見えた。
我并不知道父亲在从事什么工作,只记得他回来的比妈妈要晚。我一直看到,父亲的短发上和破破烂烂的衣服上沾着不知是泥土还是什么的污垢(父亲的短发和那破破烂烂的衣服上,总是能看见好像是被土还是什么弄脏的痕迹。

「また賃金下げられそうだ」
“好像又要减薪了”

父は何事かつぶやいている。私はそれが独り言でなく、母に投げかけられていると知っている。

父亲在嘟囔着什么。我知道那并非是自言自语,而是对妈妈说的。

 


(TBC


大家好这里依旧是神烦的小废柴嘉嘉QUQ。今天也请大人萌多多指教!

最近天气变热了整个人都不好了。晚上到2、3点才睡得着(´;ω;`)
上课课中昏昏沉沉醒不过来就睡不下去。晚上密谋着打地铺睡瑜伽垫。
少年继续祈祷中( ´-`)†あーみん。・・・(,,゚Д゚)†
所以今天也是要好好做人!!ヽ(´Д`;)ノ

最后编辑于:2014-11-21 09:55

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (7) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团