2014.05.24【日译中】脳梗塞の悪化防ぐ新手法=新治療薬開発の可能性も―大阪大

迦陵 (叶子) 译坛新秀
101 4 0
发表于:2014-05-23 23:18 [只看楼主] [划词开启]


脳梗塞の悪化防ぐ新手法=新治療薬開発の可能性も―大阪大

防止脑梗阻恶化的新方法=新药开发的可能性……  大阪大

 大阪大の研究グループは19日、脳梗塞の悪化を防ぐ新しいメカニズムを発見したと発表した。論文は近く、米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。脳梗塞が起きた後の炎症を抑制し、脳組織の死滅が広がるのを防ぐ新しい治療薬の開発につながる可能性も期待される。

大阪大学的研究团队于19号声称,发现预防脑梗阻恶化的新机制。论文近日与美国国家科学院院刊电子版登载。关于脑梗阻发病后炎症的抑制和防止脑组织坏死的扩散的新药的开发也有望实现。

 研究グループは、免疫を調節している「RANKL」と呼ばれるタンパク質に注目。脳梗塞を起こしたマウスにRANKLを投与すると、その後の炎症が約40%抑えられ、RANKLの働きを阻害するOPGというタンパク質を取り除いた場合には6070%抑制されるのを確認した。

经研究团队证实 关注于有免疫调节功能的破骨细胞分化因子(RANKL)。对脑梗阻发生的病灶投放破骨细胞分化因子(RANKL)的话,会有40%的炎症被抑制。如果是将阻碍破骨细胞分化因子(RANKL)工作的破骨细胞抑制因子(OPG)去除的话,会有60%-70%的炎症被抑制。

 脳梗塞による死亡者数は日本で年間7万人を超える。介護が必要となる最大の原因疾患とされ、悪化を食い止めるには、発症後数日以内に起きる炎症の抑制が重要となる。

在日本每年会有超过7万人死于脑梗阻。同时也是需要介护最多的病。发病数日后病灶炎症的抑制是防止恶化的关键。

 大阪大大学院連合小児発達学研究科の島村宗尚寄付講座准教授は「有望な治療薬になる可能性があるが、RANKLは骨粗しょう症を悪化させる原因物質でもあるため、さらなる検討が必要」と話している。 

大阪大学研究生学院联合小儿发达学研究专业的岛村宗尚客座副教授称,新药的开发是有希望的,但是破骨细胞分化因子(RANKL)同时也是造成骨质疏松恶化的原因,因此需要更深入的研究。

 


最后编辑于:2014-10-29 21:09
分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团