2014-5-24[日译中]《ひそひそ話すのススメ》

也也家的didi (菓子ちゃん) 译犹未尽
146 7 0
发表于:2014-05-24 07:02 [只看楼主] [划词开启]


    大人と子どもを隔てる一線はいかようにも引ける。夢を見るのが子ども、夢へと動き出すのが大人といった具合だ。大人はXXしない、XXするようではまだ子ども、という括り方もあろう。

    有很多标准是可以区分大人和小孩。做梦的是小孩,向着梦想努力的是大人。大概可以概括为:大人是不做XX,做XX的就还是小孩。

    酔って道端に転がるとか、電車内で化粧や飲食に及ぶのは大人の所作とは言い難い。言い訳で聞く誰にも迷惑をかけていないは、よい子のお約束のレベルだ。ちゃんとした大人は公私の空間をきちんと分けて暮らす。

    很难说醉倒在马路上,在电车内化妆或是饮食是大人应有的行为。听听借口:“并没有给别人造成麻烦。”这只是跟好孩子约定的程度罢了。在生活中,规规矩矩的大人是公私分明的。

    これも電車での話である。職場仲間らしき男たちが、社内の人物評や娘の趣味を車両中に届く声で発表していた。 同じように、講義のつまらなさを広報している学生グループにも出くわした。聞き流すのも大人の流儀だろうが、酒が入る時間帯でもないのみと嘆息した。

    这里讲述的也是电车事件。几个职场样子的男同事在电车里很大声地讨论公司的人物或是女儿的兴趣等等。另外,还有一些学生在“播报”他们的课程是多么的无聊。虽然作为大人是应该充耳不闻的,但还是忍不住叹息,现在还没到喝酒的时间呢!

    耳に音楽、目はケータイという乗客が多いとはいえ、社内は私的空間の寄せ集めではない。お年寄り同士の大声ならまだしも、公の場で突然始まる発表会はつらい。そこで浮かんだのが<ひそひそできる>という大人の定義である。

    虽然很多乘客都是听着音乐,玩着手机,但车内并不是私人的空间。如果是老人们大声说话还是可以理解的,但是再公共场所突然听到“发表会”,真是让人受不了。这时就会想到,大人的定义——小声私语。

    長ずるに従い、小声で話すへきこと、声を落とすべき状況が見えてくる。耳元に寄る、口元を覆うなど、会話の半径を調節する技もまた、恥を重ねて会得するものだ。

    伴随着成长,就会知道小声说话、应该把声音降低的场合。像耳语、捂着嘴巴说话的等调整“谈话的半径”的技巧都是通过不断的丢脸学会的。

    新成人は式典で、多くは退屈来賓あいさつへの処し方を試される。ささやいてこその私語であり、檀上から注意されるようなおしゃべりは奇声と変わらない。トークの質はおいおい高めるとして、まずは「声の絞り方」を必修科目にお勧めしたい。自分を外側から見る訓練でもある。

    在成人仪式上,很多人都会经受来宾无聊致辞的煎熬。低声交谈可是当做窃窃私语,但是讲话被台上注意到的话,那和齐声怪叫没什么区别了。为了提高聊天的质量,建议先把“控制音量”作为必修课。这也是从别的角度审视自己的一种训练。





以往翻译:

 2014-5-19[日译中]《「おまえ」と呼ぶこと》
     
2014-5-17[日译中]《誰がためのダイエット》

 2014-5-13 [日译中]《携帯電話のルール》

 2014-5-11 [日译中]《自らの死を考える》

 2014-5-9 [日译中]《外国語学習の意味》

 2014-5-5 [日译中]《フィルムからデジタルに》

 2014-5-3 [日译中]《本当の大人に》



最后编辑于:2014-10-29 19:41
分类: 日语
全部回复 (7) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团