2014.05.24【日译中】大力権兵衛--長野県の民話

kuru (司马飞鱼) 译坛新秀
111 4 0
发表于:2014-05-24 16:57 [只看楼主] [划词开启]

大力権兵衛--長野県の民話

大力士权兵卫--长野县民间故事

 

 むかしむかし、神谷(かみや)に権兵衛(ごんべえ)という力持ちがいました。

   很久很久以前,神谷有个叫权兵卫的身强力壮的人。


 権兵衛は力が強いだけでなく、そばの大食いでも評判でした。

   权兵卫不止力气大,荞麦面吃得多也是出了名的。


 何しろ二升のそば粉で作ったそばを、ペロリと食べてしまうのです

   反正二升的荞麦粉做成的荞麦面能很快吃完。


 ところがちょうど同じ頃、薮原(やぶはら)にも、「そば食いでは、誰にも負けねえぞ」と、いばっている坊さんがいました。

   与此同时,在薮原有个自大的和尚称:  “吃荞麦面,无人能敌。”


 あるとき、この二人がそば屋で顔を合わせて、さっそくそばの大食い勝負をすることになったのです。

   有一次,两人在荞麦店相遇,立刻决定比试谁荞麦面吃得多。


 さすがに二人とも、ものすごい大食いで、なかなか勝負がつきません。

   真不愧是(以吃出名的)两个人,都非常能吃,怎么也决不出胜负。


 そしてそば屋のそばが全部なくなってしまい、勝負は引き分けになってしまいました。

   而且荞麦店的荞麦面全部吃完了,两人以平局告终。


 ところがそのとき、坊さん急に腹かかえて苦しみ出して、その日の晩に死んでしまいました。

   可是那时, 和尚突然抱住肚子痛苦不堪, 那天晚上就死了.


 それを聞いた権兵衛はびっくりして、

   权兵卫听到后吃了一惊,


「なんて申し訳ねえことを。おれのために、坊さんが一人死んでしまった」

  "真是对不起啊. 因为我的原因死了一个和尚."


 権兵衛は泣く泣く坊さんの弔いをすませたものの、どうにも気持ちがおさまりません。

   权兵权哭着给和尚办了丧事,但是心情实在平静不下来。


 そこで罪ほろぼしに、何か村のためにすることはないかと考えました。

   于是,为了赎罪,就想着能不能为村里做些什么事。(ほろぼしに是啥意思?我查不到。“为了赎罪”是猜的。。。。。。)


 そして、こんなことを思いついたのです。

    然后,(他)想到了这件事。


「木曽(きそ)の山中は、田んぼが少なくて米がとれねえ。だから山中に道を開いて、伊那(いな)と行き来できるようにしよう」

  “木曾的山里,农田少,要取米的话,在山中开辟道路,就可以从伊那那边来往。”


 こうして、権兵衛の道づくりが始まりました。

   于是,权兵卫开始开辟道路。


 権兵衛は毎日、山で木を倒して岩を堀り出すと、土をならしました。

   权兵卫每天在山上推倒树木挖掘岩石,把土弄平。


 それを何ヶ月も続けて、やっとのことで権兵衛は木曽から伊那に通じる道をつくったのです。

    那样持续几个月,终于权兵卫把木曾到伊那的路开通了。


 そして自分で牛を引きながら木曽の木を伊那へ運んだり、また伊那からは米を運んだりして村のためにつくしたのです。

    于是自己牵了牛把木曾的木材运到伊那,再从伊那把米运来,为了村庄尽心竭力。


 このとき権兵衛が切り開いた道は『権兵衛街道』といい、またその途中にある峠は、『権兵衛峠』と呼ばれるようになりました。

   (人们把)这个时候权兵卫开辟的道路叫做“权兵卫大道”,那些途中的山顶则被称为“权兵卫顶”


 今でも、『権兵衛街道』と『権兵衛峠』は残っているのです。

   到现在,“权兵卫大道”与“权兵卫顶”都还存在着。

 

最后编辑于:2014-05-24 17:34
分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团