2014.05.24【日译中】魔女の家第一章1-10

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
131 3 2
发表于:2014-05-24 18:14 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


母は探(さぐ)るように言葉をかけた。
妈妈试探性地回话到(问到

「組合のほうは?」
“工会那里怎么说?”

父はただ首を横に振る。
父亲只是摇了摇头。

「駄目だ、話にならねえ。どうせ俺らが他に行くあてがねえの知ってやがるから、足元見やがって——くそっ!」
“不行,根本没法好好对话。他们觉得反正我们除此之外也没有其他地方可以去了,就抓住了这一点不肯让步(他们知道我们反正也没地方去了,所以趁人之危——可恶!”

思い出して腹が立ったのか、父は近くにあった桶を蹴り飛ばした。
大概是由于一想到就来气,父亲踢飞了在他旁边的木桶。

母の私を握る手が、ぎゅっと強くなる。
妈妈握着我的手,不由地紧了紧。

気まずい時間が流れる。かち、かち、と時計の刻まれる音が部屋に響く。
僵持的气氛持续着。喀嚓、喀嚓、时钟走动的声音在室内回响。

大きく息を吐いて視線をさまよわせていた父は、うつむいている母の顔を通り過ぎて、私と目が合った。
深深喘着气视线飘忽不定的父亲,越过了正低着头的妈妈的脸,和我对视了。

私はどきりとして、何か言わなければと思い口を開ける。それもつかの間、父は面倒くさそうに視線をそらすと、手にしていた飲み物を一気に飲み干した。
我吓了一跳,觉得必须说点什么,张开了嘴。但还未等我开口(说话,父亲就一脸不耐烦地错开了视线,一口气喝完了手头的酒。

私の心は大きく沈んだ。
我的心,深深地沉了下去。(我的心情跌入谷底。(我的心里,涌上来深深的失落感/无力感?)

いつも、そうだった。
一直,都是这样子。

(TBC


最后编辑于:2014-11-21 11:12

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团