2014.05.25【日译中】无底洞2

不二家de棒棒糖 (不二家de棒棒糖) 路人甲
112 9 0
发表于:2014-05-25 00:31 [只看楼主] [划词开启]
 時が経ち次第に罪悪感が薄れていった頃である。その日は可愛我が長男の小学校の説明会であった。妻の都合悪く私が参加することになった。それが間違いであった。いや、無理をしてでも公立では無く私立入れるべきであった。会場へ行くとひと悶着が起こっていた。若い夫婦が教師に掴みかかる勢いで何か叫んでいる。夫婦の子供には知的障害があった。それを普通学級に入れろということらしい。私は馬鹿馬鹿しいと思った。人には分相応がある。それが幸せなのだ。夫婦は諦めたのか、保護者の席へ帰ってきた。その直前に発した捨て台詞が私の嫌な記憶を呼び起こす。

   随着时间的推移,我的罪恶感逐渐变得薄弱。那天是我可爱的大儿子的小学家长会,妻子因为有事走不开,所以就由我去参加。那真是一个错误。不,就算勉为其难进不了公立学校,也应该送儿子去私立学校的。再去会场的路上发生了一点争执。一对年轻夫妇猛扑上去抓住老师还气势汹汹的叫嚷着些什么。原来他们的孩子有智力障碍,但是好像还想进入普通班级学习。我觉得这是毫无意义的,人要做符合自己身份的事,那才是幸福。夫妻俩放弃了吵闹,回答了监护人的坐席上。他们回座位之前说的逞强话勾起了我不愿回想的记忆。


 「あの事故さえ無ければ...」
 心臓を握り絞められるような感覚があった。そのようなはずは無い。そう願った。
 夫婦は偶然にも私の隣に座った。そして夫のほうが愚痴を言うように私に話しかけてきた。
     “要是没有那次事故的话......”
     我感觉心脏被紧紧抓住,暗暗祈祷,那是不可能的。
     那对夫妻恰好坐在我旁边,然后丈夫开始跟我抱怨。
 「あの教師たち、どう思います。俺たちの子は普通と変わらないのに。差別ですよ、差別」
 私は曖昧な対応でその場を流そうとしたが、夫はそうではなかった。
 「それにあの事故さえ無ければ、あいつは普通に生まれて来たんですよ。」
    “那些老师到底是怎么想的,我们的孩子和普通人明明就没什么不同。他们这是歧视,歧视。”
    虽然我想模棱两可的应付他,但他却浑然不觉,还是说着:“要是没有那次事故的话,这个孩子也会平平常常的降生的啊。”


 私は震える体を必死に隠そうとした。男は頭が冷えきっていないのか気付かない。そこで適当にあしらえばよかったのだ。
 「一体、どんな事故ですか?」
 私は未知への恐怖が勝った時であった。私は確信が欲しかったのだ。あの事故とは関係ない。私は悪くない。しかしこの確認は奈落へと落ちる道であった。私はあの日妊婦を轢いていた。
     我拼命想掩饰发抖的身体,幸好男人没有注意到我在冒冷汗,所以还是适当的应对他比较好。
    “到底是什么样的事故?”
    我战胜对未知的恐惧问出了这句话,想要确认一下,这和那场事故没有关系,不是我的错,但这确认是一条通往地狱的道路,我那天撞了孕妇。
最后编辑于:2014-10-29 21:04
分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团