2014.05.25【日译中】无底洞3

不二家de棒棒糖 (不二家de棒棒糖) 路人甲
116 4 0
发表于:2014-05-25 00:58 [只看楼主] [划词开启]
 後々とってなり知ったのだが、妊婦が交通事故にあったからといって、特別胎児に知的障害が現れるということは無いらしい。だが男の鬼気迫る恨みに罪悪感が再燃することとなった。男は見つからなかった犯人を恨んでいた。私の後ろめたい気持ちが溢れそうであった。

    虽然后来知道那为孕妇的确出过车祸,倒好像并没有到导致胎儿智障的程度。那个男人入骨的恨意再次燃起了我的罪恶感,他恨着那个逃逸的肇事者。我心中充满了愧疚。

   私の心内とは関係なく、説明会は無地に終わろうとしていた。しかしやはりあの夫婦は納得いかないようであった。最後にPTA会長を決める前に、遂に夫が立ち上がった。

    和我内心的混乱无关,家长会就要顺利结束了。但那对夫妇好像仍然还没有搞明白状况。最后在PTA会长的人选决定之前,那位丈夫终于站了起来。
 「この教師は私に子供を普通学級に入れない気ですよ。どう思いますか?差別ですよ、差別」
   “这些老师不同意我的孩子进入普通班级学习,他们到底是怎么想的?这是歧视啊,歧视。”
 殆どの者が怪訝な顔をした。障害児とわが子を接しさせたくなかったが、差別主義者にも思われたくなかったのだ。当然私もそうである。自分の熱弁に心酔してか男は場の空気がわかっていなかった。そして同時に私も取るべき対応を分かってはいなかった。何もかもが狂っていた。
    几乎所有人都很惊讶。既不想然自己的孩子和智障儿童有所接触,又不想被当成是歧视主义者,我当然也是这样。醉心于自己激昂的演讲中的丈夫还没明白会场中的气氛,而同时我也没有弄清楚自己该如何应付,只觉得有什么在疯狂的翻涌着。
 「それは差別だと思いますよ」
 私は気づいたら立ち上がりそう叫んでいた。もうこれ以上関わるべきでは無い。
 「反対の方はいらっしゃいますか」
 やめてくれ。逃げるんだ。罪悪感からも逃避すべきなんだ。
    “我也觉得那是歧视。”
     我意识到的时候就已经站起来如此叫嚷了。本来应该没有关系的。
    “反对的人请过来吧。”
     停下。快逃。即使是罪恶感使然也应该逃避才对啊。
 結局妙な虚栄心のせいか反対する保護者、教師はいなくなり、彼らの息子は普通学級に入ることとなった。そして私はその子のために尽くさねばならぬと強迫観念に襲われ、PTA会長に自ら名乗り出た。面倒事である。難なく私は会長になった。私は償いの時が来たと悟ったと同時に徒労感があった。夫婦は私に感謝した。それこそが功労者への罰であるのにも関わらず。
    结果却在意料之外,因为虚荣心作祟,没有监护人和老师反对。他们的儿子得已进入普通班学习。然后我觉得对那个孩子没有尽心,所以自己提出当PTA会长。真是麻烦事。我轻而易举的当了会长。醒悟到这是我赎罪的时刻的同时也感到了无力感。那对夫妇对我很是感谢,但这也无法减轻对我这个有功者的惩罚。
最后编辑于:2014-10-29 21:04
分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团