2014.05.25【日译中】魔女の家第一章1-11

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
141 4 0
发表于:2014-05-25 01:13 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


父は、私を見ていなかった。
父亲他,并没有看我。

父は、私をまるでいないもののように扱った。
父亲他,一直把我当作不存在一般对待。

好きだと言って抱きしめることもなく、嫌いだと言ってなじるのでもなかった。私の姿は認識しているに違いなかった。むしろ、父は、私のことを視界に入れないように、努力すらしているように見えた。
如果说他喜欢我,那么他从来都没有拥抱过我;如果说他讨厌我,那么他也从来都没有责备过我。而我的身形一定是可以被认知到的。到不如说,在我看来,父亲一直在努力让我不进入他的视线范围之内。

「お父さんは私のことが嫌いなの?」と母に聞いたことがある。母は真剣に首を振って否定していた。「そんなことないわ。お父さんはエレンのために働いているのよ」「だったらどうして、私とお話してくれないの?」母は小さく笑って、「お父さんは照れてるのよ」と言った。
“父亲他讨厌我吗?”我曾经向妈妈问过这个问题。但是妈妈很认真地摇着头否定了。“才没有这回事呢。父亲正在为了艾莲努力工作呢。”“如果是这样的话,为什么不和我说话呢?”妈妈微微笑着说道:“那是因为父亲在害羞呀。”

私は、母の言葉を信じたかった。父に愛されていると思いたかった。そしていつも、父の視線に意味があると希望を持ち、たいていの場合、裏切られて終わるのだった。
相信想相信妈妈的话。也努力相信着(想认为父亲是爱我的。所以一直都,对于父亲看向我的视线是有意义的这件事怀抱着希望,但大多数场合,都以我的希望落空而告终。


父は、私の名前を呼んだことがなかった。
父亲他,从未呼唤过我的名字。

母の名前ばかり呼んでいた。
他只呼唤妈妈的名字。

(TBC




最后编辑于:2014-11-21 09:56

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团