20140525日译中:ひとりの日和(ー)

发表于:2014-05-25 16:26 [只看楼主] [划词开启]
 

ひとり日和:一个人的好时光

青山七恵

 雨の日、わたしはこの家にやってきた。

某个下雨的日子,我终于来到了这个房子里

 その部屋には、立派な額縁に入れられた猫の写真が鴨居の上に並んでいた。入って左の壁から始ま

り、窓のある壁を通り、右側の壁の半分まで写真は続いている。数える気にもならなかった。猫たちは、白黒だったりカラーだったり、そっぽを向いていたり、じっと大部分わたしを見つめていたりする。部屋全体が仏壇みたいに辛気くさく、入り口に立ちつくした。

这个房间里,门框上的横木上挂着漂亮的猫的照片的画框。进门后从左边的墙壁到窗台的墙上,及右边的墙上的大部分区域都贴满了照片。数之不尽。猫儿们形态各异,黑白相间的,戴着领子的,头扭向一边的,大部分时间我视着这些图片。房间里弥漫着的那种令人的味道,在入口处伫立。

「これ、いいわね」

“这不错喔”

 後ろからかぎ針編みの薄いマフラーをひっぱられて振り向くと、その小さなおばあさんは、編み目に顔を近づけて目を細めていた。

身后有人说话,我回头看;一位小个子的老阿婆,正在钩针钩着一条围巾、正眯着眼睛看着编织物上的

 蛍光灯のひもをひくと、コッコン、と音がして白い光が部屋に広がる。窓を開けた彼女の横に立つと、小さな庭の垣根の向こうには一つ細い道を挟んで駅のホームがあった。弱い風が吹いて、霧雨が顔をなでる。

拉一下日光灯的绳子,“嘎达”一声灯光照亮了房间。开了窗,她站到窗户前,小小的庭院的围墙对面有一条小道通向车站的月台。微风吹过,细雨弄湿了她的脸颊。

 わたしたちはしばらく黙って窓辺に立っていた。カンカン、と警報機が鳴り、アナウンスが始まった。

我们在窗边站立了片刻,警报声“嘎嘎”地响起,广播也开始响起来了。

「電車が来る」

“电车来了”

 そう言ったおばあさんの顔は、青白く、深いしわが目立ち、わたしはなんとなく数歩後ずさった。

说话的老阿婆,苍白的,皱纹横生的脸非常引人注目,我不知为何也向退了几步。

「ここ、あなたの部屋ね」

“这是你的房间喔”

 言い残して、そのまま行ってしまった。

说完,就走掉了。

每天做NI的真题,头都大了,读一读小说轻松一下。小说没有那么多长句,只是意境比较难把握。希望能把这本小说译完。


 

最后编辑于:2014-10-30 10:37
分类: 日语

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团