2014.05.25【日译中】黑笑小说——もうひとつの助走14

发表于:2014-05-25 21:21 [只看楼主] [划词开启]

もうひとつの助走13

もうひとつの助走

又一次助跑

「すみません、すみません」駒井はぺこぺこしながら椅子に座った。ええと、まだ結果は出ないんですよね」

「うん。そろそろと思うが」神田がまたしても時計を見る。「六時を過ぎたところだ」

「じゃあ、まだ出ないんじゃないかな」広岡はいった。「いつも七時近くになるぞ。揉みたりしたら、八時頃にな場合だってある」

“抱歉抱歉”驹井点头哈腰地坐到了椅子上。“那个,结果还没出来吧。

“嗯。也快了吧”神田又看了一下表。“刚过六点”

“那不是还没出结果嘛”广冈说道。“平常都是近七点。要是再讨论研究一下,有时会到八点左右呢。”

「そうだったな。でもNHKのニュースに間に合わせるんじゃないか」

「いや、間に合わないこともあったよ」

「まあ、どうでもいいじゃないか」寒川が陽気な声を出した。「賞のことなんか考えず、食って飲んで、楽しもうじゃないか」

  そうですね、編集者たちはいった。そして箸を動かした。

“是这样呀,但不是要赶不上NHK的新闻吗?”

“不,有时候会赶不上的。”

“算了,怎么都好”寒川开朗地说。“不要想什么奖了,大家吃好喝好,轻松一下吧

   也是呢,编辑们说。接着开始动筷子。

(今はどんなやりとりがなされているんだろう)寒川は何かを口に入れながら思った。何を食べているのか、全てわかたなかった。ビールの味もわからない。(揉みているとしたら、選考委員会の意見が二つに分かれているのかもしれない。すると二作受賞の可能性もあるわけか。そうなれば、俺に転がりこむこともあるじゃないか。望月と俺、あるいは乃木坂と俺。そうなったって不思議じゃない。

(现在(评选委员)他们在讨论什么呢)寒川一边把东西送入口中一边想。完全不知道自己在吃什么,啤酒也喝不出是什么味道。(仔细推敲的话,评选委员会的意见可能分成两种。之后可能会有两作获奖的可能。那样的话我也有可能杀进去呢。望月和我,亦或是乃木坂和我,要是这样的话真是不可思议呢。

もうひとつの助走15



最后编辑于:2014-05-28 23:06
分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团