2014.05.26【日译中】黑笑小说——もうひとつの助走15

发表于:2014-05-26 22:59 [只看楼主] [划词开启]

もうひとつの助走14

もうひとつの助走

又一次助跑


文学賞というのは、なかなか予想通りにはいかないもになんだ)寒川は心臓の鼓動が速くなるのを自覚していた。急に掌に汗が滲んできた。(そうだ、俺が受賞したっておかしくない。選考委員なんて気紛れだ。何をいいだすかわからない。もしそうなったら俺は晴れて受賞者か。明日の新聞には俺の名前が載るわけか)

文学奖这东西,真是非常和想象的不一样啊)寒川也感受到了心跳的加快。掌心迅速被汗水湿透了。(是的,我获奖也不奇怪。评选委员会的人也是反复无常的。完全不知道会说出些什么来。或许我也可以名正言顺地成为获奖者。明天的报纸上也会刊登我的名字)

「あのう、先生は自信のほうはいかがなんですか」駒井が訊いた。

「えっ、自信?」

「受賞される自信です。何パーセントぐらいおありなんですか」

「これはまた無意味な質問だね。僕にどれだけの自信があったって、何の足しにもならないだろう。だからそんなこと、考えたこともない。正直なところどっちでもいいんだよ。賞をもらうために小説を書いているわけじゃないからな」

“那个,老师的自信方面如何呢?”驹井问道。

“啊,自信?”

“能获奖的自信。有多少百分比呢?”

“这也是无意义的问题呢。我多少也是有些自信的,但也起不到任何什么作用吧。所以完全没有想过这些事情。其实无论结果如何都好。因为小说并不是为了获奖写的。”

「そのとおりです」神田が大きく頷いた。「先生の作品は、まず読者を楽しませることを最優先にして書かれていますよね。そのことは読者が一番よくしっています」

“正是如此”神田用力点点头。“老师的作品,首先是把取悦读者放在第一位来写的呢。这件事读者们最了解不过了。”

「うん、そういう意味のファンレターはよくもらうよ」

「へえ、じゃあ本当に今日の選考なんかは、あまり関心がないんですか」駒井が訊く。

「まあね。もちろん、くれるというのなら、喜んで受け取るけどね」そういってから寒川は大口を開けて笑った。

嗯,还收到了很多说这事儿的粉丝来信

呀,那么就是真的不太关心今天的评选咯?”驹井问

“算是吧。当然,如果获奖的话我还是会欣然接受的。”这么说着寒川开口大笑。

もうひとつの助走16


最后编辑于:2014-10-29 19:34
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团