2014.05.27【日译中】魔女の家第一章1-13

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
101 3 0
发表于:2014-05-27 11:28 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


ラベルを引っかくのにも飽きて、ベッドのすみに追いやられた、古い人形に手を伸ばす。
金髪(きんぱつ)の女の子の人形。紫色のドレスと帽子に身を包んで、不気味な笑みを張りつけている。
扣标签也腻了,我向被驱逐到床上小角落的旧木偶伸出了手(转而将手伸向被我撇在床角的旧娃娃。那是一个金色头发的女孩子的偶人。身上穿戴着紫色的裙子和帽子,脸上挂着令人毛骨悚然的笑容。

「エレンと同じ髪色の人形はなかったの。でも、服の色がエレンの髪色と同じよ」そう言って、母が私に手渡してくれたもの。
“不是和艾莲同发色的人偶,但是衣服的颜色和艾莲发色是一样的哟”一边这么说着,妈妈亲自把人偶递给了我。

私は、喜んだふりをして受け取った。人形の髪色なんて、なんでもよかった。私はべつに、自分の髪色が好きじゃなかったから。
我装作一副很开心的样子收下了。其实人偶的发色什么的,怎样都无所谓。我又不是特别喜欢自己的发色。

私の髪は、父と同じ薄い紫色だった。どうせなら、母と同じ薄い茶色がよかった。だって、私も母と同じ色だったら、父も、私を見てくれたかもしれないじゃない。
我的头发,和父亲一样是浅紫色。如果可以的话,和妈妈一样是淡茶色该多好。因为,如果我的发色和妈妈一样的话,父亲或许也会看着我。

人形の髪を、手で梳(と)いてみる。金髪の糸はぐしゃぐしゃにからまっていて、うまく指が通らない。
我试着用手去梳理人偶的头发。金色的发丝乱七八糟地缠绕在一起,手指难以梳通。

いらいらする。無理に梳かそうとして、力を入れる。人形の無機質な瞳が、私に話しかけてくるような気がした。
我不由地烦躁起来。想要硬给它疏通而更加用力。我感觉人偶无机质(空洞的眼睛,仿佛在与我搭话。

——「痛いな」
——“好痛啊”

うるさい。痛くないでしょ。人形なんだから。
吵死了。你才不会觉得痛吧。因为你是人偶呀。

——「あなたも人形みたいなくせに」
——“可是你明明也和人偶没什么差别”

私は人形なんかじゃないわ。
我才不是什么人偶呢。

(TBC


最后编辑于:2014-11-21 09:57

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团