2014.05.27【日译中】容疑者Xの献身 选段 7

空际 (sora) 译坛英杰
161 7 0
发表于:2014-05-27 15:25 [只看楼主] [划词开启]

  「靖子だって、いつまでも水商売をやってるわけにはいかないでしょ。美里ちゃんも大きくなって、そろそろおかあさんがホステスをやってることについて、コンプレックスを持ったりしちゃうよ」大きなお世話かもしれないけれど、と小代子は付け足した。

  “靖子也是,总不能一直做陪酒女郎吧。美里也长大了,也会为母亲是干陪酒女郎这个职业感到自卑了吧美里差不多也到了会对妈妈是陪酒女郎这件事感到自卑的年龄了吧?”或许是我管太多了,小代子补充道。


 美里は靖子の一人娘だ。父親はいない。今から五年前に離婚したのだ。小代子にいわれるまでもなく、今のままではいけないと靖子も考えていた。美里のことももちろんあるが、自分の年齢を考えると、いつまでクラブで雇ってもらえるか怪しかった。

  美里是靖子的独生女。没有父亲,五年前靖子离婚了(五年前靖子和丈夫离婚了,所以美里没有父亲。就算小代子不说,靖子也知道一直这样下去是不行的。当然,这不光是因为美里,考虑到自己的年纪,夜总会会一直雇佣到老就奇怪了夜总会会雇佣她到什么时候还都说不清呢)。


 結局一日考えただけで結論を出した。クラブでの引き留めもなかった。よかったねといわれただけだ。周りも年増ホステスの行く末を案じていたのだと思い知らされた。

  结果仅仅考虑了一天时间就做出了结论。夜总会也没有挽留她。只是说了一句“很不错啊”。周围的人也知道,这是在暗示年龄较大陪酒女郎最终该作何选择让周围的大龄陪酒女郎认识到,应该为自己的将来做做打算了


 昨年の春、美里が中学に上がるのを機に、今のアパートに引っ越した。それまでの部屋では『べんてん亭』まで遠すぎるからだ。これまでとは違い、仕事は早朝から始まる。六時に起きて、六時半には自転車に乗ってアパートを出る。緑色の自転車だ。

 去年春天,借着美里升初中的机会(她们搬进了现在住的这家公寓。因为之前住的地方离“弁天亭”太远了。与之前不同,现在的工作是从早上开始的。六点起床,六点半骑车从公寓出发。绿色的自行车六点半骑着绿色的自行车从公寓发)


「例の高校の先生、今朝も来た?」休憩している時に小代子が問いかけてきた。

“那个高中老师,今天也来了?”休息的时候小代子问到。

「来たわよ。だって、毎日来るじゃない」

“来了啊。他不是每天都会光顾的嘛。

 靖子が答えると、小代子は亭主と顔を見合わせてにやにやした。

  听到靖子的回答后,小代子和她老公相对一笑。

「何よ、気持ち悪いなあ」

“干嘛呀,笑得这么邪恶(因为我觉得这里说真恶心的话有点,额,恩,该怎么说呢,就这样吧。。。。。

「いや、べつに変な意味じゃないんだって。ただね、あの先生、あんたのことが好きなんじゃないかって、昨日話してたのよ」

“没有啊,也没有别的什么意思啦。只是,我们昨天在讨论那个老师是不是喜欢你啊。

「えー」靖子は湯飲み茶碗を持ったまま、身をのけぞらせてみせた。

“哈?”只见靖子端着茶杯不禁的后退了一下(惊讶的向后一倒

「だってさ、昨日はあんた休みだったでしょ。そうしたら、あの先生、来なかったんだよ。毎日来るのに、あんたがいない時だけ来ないって、おかしいと思わない?」

“那是因为呀,昨天你不是休息了么。然后,那个老师也没来呢。明明每天都来的,可就单单在你休息的时候没来不是很奇怪吗?

「たまたまでしょ、そんなの」

“那只是巧合吧。

「それが、そうじゃないんじゃないかって……ねえ」小代子は亭主に同意を求めた。

“那应该不是巧合吧~~~~你说呢~”小代子祈求同意似得对着丈夫说道,

米沢が笑いながら頷いた。

米泽笑着点点头。


红字为划线部分的修改~


2014.05.16【日译中】容疑者Xの献身 选段

2014.05.17【日译中】容疑者Xの献身 选段 2

2014.05.19【日译中】容疑者Xの献身 选段 3

2014.05.21【日译中】容疑者Xの献身 选段 4

2014.05.22【日译中】容疑者Xの献身 选段 5

2014.05.25【日译中】容疑者Xの献身 选段 6


最后编辑于:2014-10-29 19:32

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (7) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团