2014.5.27【日译中】西尾维新:化物語 - ひたぎカニ 04

猫某米人 (HL· 猫某米人) 译坛小生
66 4 0
发表于:2014-05-27 22:30 [只看楼主] [划词开启]


戦场ヶ原の声といえば、授業中に教師に当てられて、決まり文句のように発する、か細い『わかりません』が、僕にとってのイコールなのだ(明らかに分かっている問題であろうがどうだろうが、戦场ヶ原は『わかりません』としか答えないのだ)。

说到战场原的声音,上课时要是被老师提问,她就会和我一样,不自在地发牢骚似的咕哝着“我不知道”(不管战场原是否清楚地知道那个问题的答案是什么,她都只会用“我不知道”来回答)。


学校というのは不思議な空间で、友達のいない人間は友達のいない人間同士で一种のコミュニティ(あるいはコロニー)を形成するのが普通だが(実际、去年までの仆がそうだ)、戦场ヶ原はそのルールからも例外にいるようだった。

在被称为“学校”的这个地方,没有朋友的人之间会形成一种匪夷所思的组织感(实际上,我直到去年为止都抱有这种感觉)。然而,战场原似乎也在这个定律的影响范围之外。


勿論、かといって苛めにあっているということでもない。ディープな意味でもライトな意味でも、戦场ヶ原が迫害されているとか、疎まれているとか、そういったことは、僕の見る限り、ない。いつだって戦场ヶ原は、そこにいるのが当たり前みたいな顔をして、教室の隅で、本を読んでいるのだった。己の周囲に壁を作っているのだった。

そこにいるのが当たり前で。
    ここにいないのが当たり前のように。

    即便如此,战场原也没有因为落单而“理所当然”地受欺负。从各个层面上来讲,像被虐待、被讨厌这样的事,战场原并没有遭受到——至少在我的所知范围内,没有。无论何时,战场原都是一脸平常地坐在教室的角落里默默地看着书,默默地在自己的周边筑起一道墙壁。

    似乎她本来就该呆在那里。

      就如同她不应该出现在这里一样。

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团