2014.05.28【日译中】魔女の家第一章1-14

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
106 10 1
发表于:2014-05-28 16:13 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


そう心の中で否定しながら、私は母に髪と梳かされる自分の姿を思い出していた。
されるがままになって、じっと動かない自分。母の腕が上から下へ、櫛(くし)が通されるのを待つだけの私。
一边在心中否定着,我想起了妈妈给我梳理头发时自己的姿态。
变得任人摆布,一动不动的自己。只是等待着妈妈的手臂自上而下,梳子穿过头发的自己。

私が人形?
我是人偶?

——「そうよ」
——“是呀”

違う。
不对。

私は力まかせに糸の束を引っぱり続けた。
我继续用力地强扯着人偶的发束。

私の目は、お前みたいに死んでないもの、私の目は、いろんなものを見られるし、いろんな景色をうつせるわ。
我的眼睛才不像你这么死气沉沉,我的眼睛可以看到很多东西,可以映出各种各样的景色。

くすくすくす。
呵呵呵。

髪を引っぱられて、首が変な方向に曲がったまま、変わらない表情を張りつけた人形が笑う。
被我扯着头发,扭曲的脖子保持着诡异的角度却表情不变的人偶笑着(被扯着头发,脖子向诡异的角度扭曲着,挂着不变表情的人偶笑着


——「路地裏しか見えないのに?」
——“明明除了小巷里就看不到其他东西了?”


さあっと、血の気が引いていく気がした。
我感到血气一下子涌了上来。

私はとっさに人形を放り投げた。人形は壁にぶつかり、床に散らかっていた服の上に落ちた。
我猛地把人偶扔了出去。人偶撞上了墙壁,掉在了地板上散落着的衣服上面。

すべての音を聞きたくないというように、毛布を頭からかぶる。
仿佛不想听到任何声音一般,我用毯子盖住了头。

一人は嫌だ。いろんなことを考えてしまうから。いろんなものが聞こえてきてしまうから。
私ははやく母が私のそばに来てくれることを祈って、かたく目をつぶった。寒くもないのに、身体が震えた。そうしているうちに、いつの間にか、眠りこんでしまった。
我讨厌一个人。因为不自觉会想很多(因为总是会胡思乱想。因为会听到各种声音。我紧紧地闭上了眼睛祈祷着妈妈快点来我身边。明明不冷,我的身体却颤抖着。就这样,不知不觉的,我就陷入了熟睡之中。

(TBC


最后编辑于:2014-11-21 09:57

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (10) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团