2014.05.29【日译中】容疑者Xの献身 选段 8

空际 (sora) 译坛英杰
186 8 0
发表于:2014-05-29 17:53 [只看楼主] [划词开启]

「こいつによるとね、ずっとそうだっていうんだよ。靖子ちゃんが休みの日には、あの先生は弁当を買いに来ない。前からそうじゃないかと思ってたけど、昨日確信したってね」

“这家伙说啊,一直都是这样的情况呢。靖子休息的时候(逢休息日)那个老师就不来买便当。之前她就一直在想是不是那样,直到昨天才敢肯定。


「だってあたしなんて、定休日以外は休む日はばらばらよ。曜日だって決まってないし」

(怎么可能)因为(可是)我除了固定的休息日以外休息的日子都没有规律啊。也没有固定是星期几。


「だから余計に怪しいんだってば。あの先生、隣に住んでるんでしょ。たぶんあんたが出ていくのを見て、休みかどうかを確かめてるんだと思うな」

“所以说这就更奇怪了嘛。那个老师是住在你隔壁的吧。估计他是看你有么有出门来确定你是不是休息的我觉得他大概是根据你的出门情况,来确认你是不是休息的


「えー、でも、家を出る時に会ったことなんてないわよ」

“诶,可是我从来没在出门的时候碰到过他啊。


「どっかから見てるんじゃないの。窓からとか」

“没准是在哪里偷看到的呢。比如说窗户啊。


「窓からは見えないと思うけどなあ」

“我觉得从窗户看是看不到的


「まあいいじゃないか。本当に気があるんなら、そのうちに何かいってくるよ。とにかくうちとしちゃあ、靖子ちゃんのおかげで固定客がついたわけだから、ありがたい話だ。さすがは錦糸町でならしただけのことはある」米沢が締めくくるようにいった。

“哎呀,这也没什么不好的嘛。要是他真的暗恋你的话,到时候总是会有所行动的嘛他要是真对你感兴趣的话,过不久就会做出些表示的吧。总之对于我们店来说,多亏了靖子带来了一位常客,这也件幸运的事啊是一件值得高兴的事啊真不愧是锦系町出来的人啊不愧是锦系街的名人啊”米泽总结似得说道。


 靖子は苦笑を浮かべ、湯飲み茶碗の残りを飲み干した。噂の高校教師のことを思い出していた。

  靖子苦笑了一下,把茶碗里剩下的茶一饮而尽。想起了闲话里那位高中老师。


 石神という名字だった。引っ越した夜に挨拶に行った。高校の教師だということはその時に聞いた。ずんぐりした体型で、顔も丸く、大きい。そのくせ目は糸のように細い。頭髪は短くて薄く、そのせいで五十歳近くに見えるが、実際はもっと若いのかもしれない。身なりは気にしないたちらしく、いつも同じような服ばかり着ている。この冬は、大抵茶色のセーターを着ていた。そのうえにコートを羽織った格好が、弁当を買いに来る時の服装だ。それでも洗濯はまめにしているらしく、小さなベランダには時々洗濯物が干してある。独身のようだが、おそらく結婚経験はないのだろうと靖子は想像している。

  名字叫石神。刚搬过来公寓的那个晚上去打过招呼。就是在那时候知道他是一名高中老师的。矮矮胖胖的身材,脸又大又圆。因为这个,眼睛像线一样细。头发又短又少,这样子看起来像有50多岁(近50岁了,可实际上或许更年轻。好像不是很注重穿着这方面,总是穿着同样的衣服。这个冬天,大部分时间都是穿的一件茶色毛衣。外面穿着一件短外褂,他来买便当的时候经常是这身装扮。虽说如此,他洗衣服还是洗的蛮勤快的,经常能看见那个不大的阳台上晒着洗好的东西。虽说好像是没有结婚(单身的样子,靖子想象(着恐怕也没有结过婚吧。



2014.05.16【日译中】容疑者Xの献身 选段

2014.05.17【日译中】容疑者Xの献身 选段 2

2014.05.19【日译中】容疑者Xの献身 选段 3

2014.05.21【日译中】容疑者Xの献身 选段 4

2014.05.22【日译中】容疑者Xの献身 选段 5

2014.05.25【日译中】容疑者Xの献身 选段 6

2014.05.27【日译中】容疑者Xの献身 选段 7

最后编辑于:2014-10-29 20:45

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团