2014.05.30【日译中】魔女の家第一章1-16

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
156 5 0
发表于:2014-05-30 15:40 [只看楼主] [划词开启]

魔女の家
~エレンの日記~
作者=ふみー
インストレーション=おぐち
手打搬运  请勿随意转载


そのときの母は、あまりにも美しかった。
因为那个时候的母亲,太过于美好。

顔の造形が、ではない。髪は乱れていたし、化粧なんてほとんどしていなかった。母は、力なく微笑んでいただけだ。だけど、噛みしめられすぎた下唇は、赤く染まっていて、その赤は、この暗い部屋で唯一、色彩(しきさい)を放っているように思えた。伏せられた睫毛(まつげ)は、時折思い出したように震えた。母の視線、呼吸、組み合わされた手、すべてに意味があるかのように思えた。
并非是指脸的造型。头发散乱着,也几乎没有化妆。妈妈只是有气无力地微笑着。但是,咬得过紧的下唇,染成了鲜红色,我觉得那个红色,是这个阴暗的房间里面唯一,绽放着色彩的存在。低垂的睫毛,时不时像回忆起什么一般颤动一下。我觉得妈妈的视线、呼吸、交叠着的双手,她的一切都好像是拥有意义一般。

この人は生きている。
这个人真实地活着。

と、そう感じた。
我这么感受到了。


薬は飲み込まれた。でも、全然苦(にが)くなかった。なぜなら、胃の内側がすでに苦いもので支配され始めていたからだ。胃の底に落ちた水は、のたうち回る蛇になり、喉から飛び出そうとした。
我喝完了药。但是,一点都不觉得苦。要问为什么的话,那是因为我的胃的里面已经开始被苦味的东西支配了。落到胃底的水,变化成一条痛的乱滚的蛇,想要从喉咙那里冲出来。

「——お母さん」
“——妈妈”

私は叫びだしそうになり、代わりに母を呼んだ。
我几乎就要叫出声来,但取而代之,我呼唤了妈妈的名字。

私の声は震えていた。今にも泣き出してしまいそうだった。
我的声音颤抖着。仿佛马上就要哭出来一般。

母の目には、自分を心配する子どものように映ったのだろう。母は私の手を握り、そっと私を抱きしめた。
妈妈的眼睛里面,大概映出了像为自己担心的小孩子一般的我。妈妈握住了我的手,悄悄地抱紧了我。

私は、今しがた生まれた気持ちを悟られないように、必死に母の身体にしがみついた。
悟られないように?どうしてそう思ったのかわからない。正確には、わからないふりをしたかった。
我为了不认清刚刚萌生的情绪一般,拼命地抱住妈妈的身体。
为了不认清?我不明白为什么我会这么想。正确来说,是想假装自己不知道。

(TBC


简直累成狗。热得没人性。补评论中。_(:з」∠)_
最后编辑于:2014-11-21 09:59

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团