2014.05.31【日译中】黑笑小说——もうひとつの助走17

发表于:2014-05-31 23:14 [只看楼主] [划词开启]

もうひとつの助走16


もうひとつの助走

又一次助跑


すかさず鶴橋がライターで火をつかる

鹤桥马上用打火机点着

「ほうかの人·····というと、望月先生とかですか」

「うん、あとは乃木坂さんね。彼女なんかも、今回は自分がとれると思っているだろうから」

「そうですか。でも乃木坂さんは、今回は寒川さんに来るんじゃないかとおっしゃってましたよ」

「そういうのは社交辞令だよ。君が僕の担当と知っているから、そういったんだろう」

“说到其他的人······是望月老师他们吧”

“嗯,然后是乃木坂。她也觉得这次会是自己获奖。”

“这样啊。但是乃木坂说过,这次会是到寒川哦”

“那是社交的客套话啦。她知道你是我的负责人,所以才这么说的。”

(本当か?本当に乃木坂がそんなことをいったのか。ということは、何からの理由があるんじゃないのか。誰かから、俺が有利だという情報を得たんじゃないのか。おい、どうなんだ)作家は煙草を挟んだ指先が震えるのを止められなかった。

(真的?乃木坂真的这么说了吗?这么说是不是会有什么原因?是不知道从谁那里得知了说对我有利的情报吗?喂,怎么回事啊?)作家夹烟的手指在颤抖不止。

(まあ社交辞令に決まってるけどさ)鶴橋は心の中で舌を出していた。

(这当然是社交的客套话啦)鹤桥心里嘲笑

「そんなことはないと思いますよ。乃木坂さん、寒川先生の作品を読んで感動したとおっしゃってましたから」

「ふうん。ま、お世辞だろうがね」寒川は煙草をせわしなく吹かした。

“没有这回事哦。乃木坂说过在读过寒川老师的作品时被感动了。”

“哼,是客套话吧。”寒川抽着烟不慌不忙的说。

(乃木坂もなかなかかわいいところがあるじゃないか。いやしかし、それは自分の作品のほうが勝っていると思っているが故の余裕かもしれん。そうだ。そうに違いない。なんだ、あの生意気な小娘め)

(乃木坂不也有非常可爱的一面吗。呀不对,或许是觉得自己的作品赢定了,所以才有这么闲心说话。是的,一定是这样。什么意思嘛,那个嚣张的小妞)


もうひとつの助走18


最后编辑于:2014-06-06 17:50
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团