2014.6.1【日译中】大脑开发什么的

发表于:2014-06-01 11:21 [只看楼主] [划词开启]


人生とは、インシデント(出来事・事件)の連続であり、その解決に迫られている。

人生就是不停的出现各种事件,并且被迫解决事件的过程。

そうした中で、「問題だ、と思って取り組んでみたところが、問題でなかったという問題」。また「問題でない、と思ったところが、問題であったという問題」、さらには「問題はわかっている。しかし、その解決のしかたがわからないという問題」に悩んでいる人が多い。

其中,“被当做问题对待结果却不是问题”。或者“没有被当做问题重视结果却是问题”,更进而,“知道问题是什么,但是却不知道解决的方法”。很多人被这些问题困扰着。

しかも、先の見通しもつかない、“あいまいさ”の中で、生きがいや、やりがいを求めていかなければならない。

并且还必须要在抓不到前路的“暧昧”中找到活着的价值、工作的价值。

こうした状況の中で人々が、仕事や家庭の場で何かのとまどい(戸惑い)をおぼえた時、大脳の回転を円滑にし、問題をみつけ、開発し、発展させるヒントの宝庫とは少し大げさだが、勇気や知恵を生み出すことができるようにこの本を活用していただければ幸いである。

在这样环境下的人们,想起工作活着家庭中的困扰的时候,虽然说使知识的宝库得以开发从而灵活运转大脑,发现并解决问题是有些说大话,但是能够让人们产生出勇气或智慧从而灵活运用本书知识就万分荣幸。

このような考え方や行動の起動力となるものを禅では、“心の杖”といっている。または“心の中の床の間”ともいわれている。

在禅语来讲,把这样的思考方式和行动力称为“心灵支柱”,也被叫做“心的宁静之所”。

“あいまいで、見通しがつかない”からこそ大切にしたい、心の杖や床の間づくりのデベロップとして今後も執筆を続け二集、三集として出版できたらという夢をもっている。

正因为想要重视对待“暧昧之中的迷茫”,为大家开发出心灵支柱和宁静之所,今后笔者将尽力出版第二集和第三集。

というのも、本書の大半は、私が勤務している産業能率大学の通信教育受講者のための機関誌「デベロップ」に“成功する自己啓発”として連載中のものを整理、編集し直したものである。

我为了所工作着的产业能力大学中通信教育学生而做的机关志《开发》里面连载了“成功的自我启发”,本书的大半都是从其中整理之后重新编排的。

仕事や自分の“やりがい”“生きがい”に今までの「カラを破り」「新しい観点に気づき」「それを再構築」してゆくヒントになれることを期待したい。

希望大家能够从以往的“工作价值”“生存价值”中,冲破假象,发现新视点,重新构筑。

 

                       (高岡正問題解決力による)

                                                                               (摘自高刚正《问题解决力》

 

 

求小伙伴批评指教。。。崭新的新人的说~~~      @sbdwy  



最后编辑于:2014-06-01 11:29
分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团