2014.06.03【日译中】轻小说:东京暗鸦9(二)

黑猫伯爵 (抹茶帕妃) 路人甲
41 1 0
发表于:2014-06-03 16:00 [只看楼主] [划词开启]

自分の生は、同じ時代を生きる何者にも勝るとも劣らぬほど、波乱に充ちていたのだ。

自己的人生,既不优于也不劣于这个时代的生者,充满着波折。

すべての始まりは、溌剌とした元気な声。家人を振り切って座敷牢に押し入り、重たい戸板を開けて放って投げかけられた、少年の声だった。

一切开端于那活泼的声音。甩掉家奴闯入牢笼,打开沉重的门扉,投来的少年的声音。

「お前がぼくの式神か?なるほど。変わってるな、お前」

「你是我的式神?原来如此。你很奇怪嘛」

それはまさに、深い夜の闇に差し込む、一条の光だった。

这宛如漆黑深夜里射入的一束光芒。

夜の光に照らされたそのとき、彼女の「生」は、本当の意味で始まった。

被这深夜之光照射到之时,她的「生」在真正意义上开始了。


—『...「北斗」のこと...黙ってって...騙して、ごめんなさい......』

—『...「北斗」的事...没告诉你...骗了你、对不起......』

治癒符だ。

治愈符。

春虎は我に返る。何を呆然としているのか。何をグズグズしているのか。失血が酷い。いますぐ血を止めなくては。急いで。すぐに。いますぐに。

春虎回过神来。到底在发什么呆。还在磨蹭什么。失血过多,如果不快点止血。赶快,立刻,现在马上。

—『でも。もう、わかっ、ちゃい....した、よね.....』

—『其实,你已经....知道了,对吧.....』


分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团