つもり

发表于:2014-06-07 22:27 [只看楼主] [划词开启]

あるけちん坊(ぼう)な男がおりました。

從前有個小氣鬼~

毎日毎日,ご飯どきになると,うなぎ屋(や)の前へでかけていっては,腹(はら)いっぱい匂い(におい)を嗅ぎ(かぎ),家へ飛んで帰って,ご飯を食べるのでした。

每天~每當吃飯的時候,就跑到鰻魚飯店,聞一肚子的香味兒,然後飛快跑回家,就算吃過飯了。。

それに気がついたうなぎ屋の親父(おやじ)は,「なんちゅうけちだ。よし,あのようなやつから,匂いの嗅ぎ賃(ちん)を取ってやろう。」と,さっそく帳面(ちょうめん)につけておき,月末になると,嗅ぎ賃を取りにやってまいりました。すると,けちんぼうな男は,「おれは,うなぎ屋に借金(しゃっきん)はないぞ。」

這事就被鰻魚店老闆知道了,“怎麼會這麼扣啊,好,既然有這樣的人,那我就收取香氣費!”然後馬上在賬上記上,月末就收錢。後來,那吝嗇鬼說:“我哪有欠你錢。。”

「いやいや,これは,かば焼きの嗅ぎ賃でございます。えー,しめて八百文。匂いを嗅いで食べたつもりになっていられますので,こちらも,食わせたつもりで銭(ぜに)を取りに来ました。」

“不不,這是香氣錢,那個——一共八百文。因為你問了味兒後可以‘飽,同樣的,我也是來收能讓你‘吃飽的費用”。

うなぎ屋が,すましていうと,男は仕方(しかた)なく,懐(ふことろ)から八百文取り出し,いきなり板(いた)の間(ま)へほうり出しました。

鰻魚店桑說完後,那男的無奈,懷中掏出八百文,放在桌上(不是很會翻譯)

チャリン。

当啷——!

お金(かね)が,けいきのいい音をたてるのを聞いてから,けちんぼうな男は,「それ,取ったつもりで,銭の音を聞いて,帰(かえ)んな。

以聽到錢發出聲音為契機,吝嗇鬼說:“那個,這就算是給錢了,你回去把。。”

最后编辑于:2014-10-30 15:45
分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团