2014.06.14【日译中】喫煙で認知症のリスク2倍…九大教授らが調査

发表于:2014-06-14 17:54 [只看楼主] [划词开启]
 

喫煙で認知症のリスク2倍九大教授らが調査

吸烟的话患上老年痴呆症是非吸烟者两倍­­­­-----九州大学教授们的调查

たばこを吸う人は認知症になる危険度が2倍に高まるとの調査結果を九州大の清原裕教授(環境医学)らの研究グループがまとめた。

根据九州大学清原教授(环境医学系)等人组成的研究小组总结出的调查结果,吸烟的人患有老人痴呆症的危险性比非吸烟人士要高2倍。

14日の日本老年医学会で発表した。かつて喫煙は認知症を減らすとの報告があり、近年、それを否定する報告も海外で相次いでいたが、日本人対象の研究でも、たばこが認知症のリスクとなることが示された。

这项调查结果14号在日本老年人医学会发表。之前曾有报告说吸烟会减少患有老年痴呆症的可能性。近年来,对此否定的报告在海外相继出现,以日本人为对象的研究也表明吸烟会增加患上老年痴呆症的风险。

 

今回の調査は、1988年時点で認知症でなかった福岡県久山町の高齢者712人の集団(平均年齢72歳)を15年間追跡した。また、この集団の15年前(72~73年、平均年齢57歳の中年期)の健診記録を照合。中年期、高齢期の喫煙状況と認知症発症の関係を調べた。

今次的调查对1988年时没有老年痴呆症的福冈县712名老年人群体(现平均年龄72岁)进行了15年的跟踪研究。而且对这个群体15年前(72-73年出生,平均年龄57岁,正值壮年)的健康检查记录进行对照。小组调查了中年期、老年期的吸烟情况同老年痴呆症之间的关系。

 

 追跡期間中に認知症を発症したのは202人。中年期、高齢期の各時期で「喫煙」「過去に喫煙歴あり」「非喫煙」に分けて分析すると、喫煙者は非喫煙者に比べ、認知症の発症リスクが2倍になった。過去に喫煙歴がある人と非喫煙者では明確な差はなかった。

跟踪调查期间老年痴呆发病的人数为202。对中年期、老年期不同时期, 分为“正在吸烟”、“过去吸烟”“非吸烟者”三种条件进行分析发现,吸烟者是非吸烟者老年痴呆的发生率两倍。过去有吸烟史的人同非吸烟者的区别十分明显。

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团