2014.06.17【日译中】【跳高的故事】

ymde11 (阿斯拉)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译人小成
76 8 0
发表于:2014-06-17 23:09 [只看楼主] [划词开启]
昔々、蚤と、蝗と、おもちゃの蛙とが、だれが高く跳べるかということで、自慢し合いました。
很久很久以前,跳骚,蝗虫还有玩具青蛙,关于谁跳的高这件事互相吹嘘。
「それは、ぼくが高く跳べるさ。」と、ノミが言いました。
“我跳的真是高啊 ”跳骚说着。

「いやいや、ぼくのほうが高く跳べるのさ。」と、蝗が負けずに言いました。

“不不不,我跳的比较高”蝗虫不服输地说着。

「あなたがたより、ぼくのほうが高く跳べますよ。」
“借助你的力量的话,我跳的更高哟。”玩具青蛙说。
おもちゃの蛙も、そう言いました。
「ぼくが、高く跳べる。」
“我跳的高。”
「いや、ぼくだ。」
“不是,我跳的高。'
と、みんなが言うので、きりがありません。
他们每个人都这么说,没完没了。
「それなら、誰が一番跳べるか、跳びっこをしてみようじゃないか」
と言うことに決まりました。
“既然这样的话,我们就举行个跳高比赛看谁跳的高”这样说着就决定了。
「できるだけ大勢の人を呼んでみてもらったほうがいい。」とノミが言いますと、
“尽可能地多叫些人来观看比较好吧”跳骚说。
「ああ、いいとも。」と、バッタもカエルも賛成しました。
“恩恩,好啊。”蝗虫和青蛙都很赞成这个提议。
この話しを王さまもお聞きになって、「わしも見に行こう。」と、言ったのです。
国王陛下也听到了这个消息,他说:“我也去看看吧”(国王肯定是无聊的要死)
そればかりか、「せっかく高く跳んでも、褒美がなくてはつまらない。いちばん高く跳んだものに、わしの娘をお嫁さんにあげるとしよう。」と言うことになったのです。
不仅如此,国王还说:“难得一次的跳高,没有奖赏就太无聊了。跳的最高的人,我把我的女儿许配给他做新娘。”
さあ、跳びっこ競争は、大変な評判になりました。
于是,跳高比赛的竞争,变得非常出名了。
その日になると見物人がたくさん集まりました。
到了那天很多有头有脸的人都来观看了。
まっさきに出て来たのは、ノミくんでした。
第一个出来的是跳骚。
気取った様子で、四方に向かってお辞儀をしています。
一副轻狂的样子,向四方的宾客行礼。
次に、バッタが出ました。
接下来是蝗虫。
おしゃれな草色の服を着て、とてもきれいでした。
穿着装饰精美的草色的衣服,非常的漂亮。
最後には、カエルが出てきました。
最后出场的是青蛙。
カエルは飛び出た目玉を、クルクルクルクル回します。
青蛙突出的大眼睛,骨碌骨碌地转着。
いよいよ、跳びっこが始まりました。
终于,跳高比赛要开始了。
ところがノミが、あんまり高く跳んだので、だれもその行方がわからなくなってしまいました。
然而,跳骚由于跳的太高,他的行踪谁都看不到了。
それで、「跳ばなかったのじゃないか?」そんなことを、言うものもありました。
因此,“难不成是不会跳吗?”说这种话的人也有。
バッタは、王さまの顔に跳びつきました。
蝗虫,跳到了国王陛下的脸上。(找死的节奏啊)
王さまは、怒ってしまいました。
国王陛下发怒了。
おもちゃのカエルはピョンと跳ねて、お姫さまの膝に上がりました。
玩具青蛙嘭地一跳,跳到了公主的膝盖上。
「キャアーー!」
“呀!!”

お姫さまは驚いて立ち上がったので、膝のカエルはコロリと転げ落ちました。

公主吓得站了起来,膝盖上的青蛙一下子就滚落下去了。

これで跳びっこは、勝負なしでおしまいになりました。
就这样,跳高比赛,没有分出胜负就结束了。
分类: 日语
全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团