2014.7.7【日译中】15句话北京のお気に入り木の上でお茶している気分になるカフェ(1)

发表于:2014-07-07 19:35 [只看楼主] [划词开启]

激しい雷雨が突然スコールのように降る天気が1週間ほど続いた北京に、一転して最高気温34度の真夏日が訪れた。北京では珍しくじめじめとした蒸し暑い日だ。だが、目の前の立派な枝振りを誇るポプラの木の大きな幹や青々とした葉を見ていると暑さも半減し、逆に爽やかな気分になってくる。

激烈的雷雨突然像疾风骤雨一样降临的天气在北京持续一周了,一时间达到了最高气温34度的盛夏来访了。是在北京稀少的阴郁的闷热的天。但是如果看着眼前很棒的白杨树的大树干和青青的叶子的话暑气就会减少一半,反而变得凉爽的心情了。

ここは、大きなポプラの木を抱き込むようにして建てられたツリーハウス風カフェ。屋上テラスからは、軍事工場の跡地を利用した798芸術区の独特な風景を眺めることができる。ギャラリーを背景に煙突や鉄柱がいくつも立ち並ぶ景色は今自分がどこにいるのか忘れてしまうような無国籍感と非日常感に溢れている。

这是像抱着大白杨树那样被建的树屋风格的咖啡。从屋顶平台能够眺望到利用军事工地的遗迹的798艺术区的独特风景。以长廊为背景烟囱和铁柱好几个排列在一起的景色现在自己处在哪里都不知道的没有国籍感和非日常感充满着我的心头。

このカフェを「北京のお気に入り」として紹介してくれたのは、明るい笑顔が印象的な石垣久美子さん。日本人が経営する建築事務所「SA」が持つ、都市をテーマとしたギャラリー「TAM」(Town Art Museum)の運営を担当している。

在给我以“北京,你喜欢的地方”介绍这个咖啡馆的是给我明亮的笑容的印象的石垣久美子。拥有日本人经营的建筑事务所,负责以都市为主题的长廊的运营。

実は、このカフェ、石垣さんが会社の面接を受けに北京に初めて訪れた際、会社のスタッフが連れてきてくれた場所なのだそうだ。

实际上,这个咖啡馆好像是石垣接受面试初次访问北京的时候,和公司的社员一起来的地方。

「北京のことは本当に何も知らなくて、地図上のどこにあるのかもわからないほどでした。実際来てみて、こんなに緑が多い街だったんだとすごく驚きました。屋上のテラス席に座ると、木の上でお茶を飲んでいる気分になって、とても気持ちの良い時間を過ごすことができました。こんなに素敵なカフェがある街なら長く住めるなと思った記憶があります」

“对北京真的是一无所知,可能是在地图上有的这种程度。实际来到了,对有非常多的绿色街道感到非常惊讶。一坐在屋顶上座位,就会在树上喝着茶能够有着非常舒适的时候。如果的街道是有这样漂亮能够长期的住下去呢,有着这样的记忆。”

798芸術区の規模の大きさにも驚かされた。「日本では作れない空間だと思いました。ここは、すでに1つの街ですよね。体育館ほどの大きさのギャラリーがあったり、作品の一つ一つが大きくて、凄いエネルギーに圧倒されました」。

被798艺术区的规模之大吓到了。“在日本是不能做出来的空间。这里已经是一个街道了。有比体育馆还大的长廊,作品一个一个都很大,被很强大的能力压倒了。”

分类: 日语
全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团