2014.7.7【日译中】北京のお気に入り木の上でお茶している気分になるカフェ(2)

发表于:2014-07-07 19:52 [只看楼主] [划词开启]

大学で日本美術史を専攻していた石垣さんは、卒業後掛け軸などを主に扱う美術商に就職。だが日本文化や美術を多くの人に紹介したいという思いがつのり、出版業界の制作会社に転職した。しかし、担当したのは美術でも日本文化でもなく、旅行ムック本やグルメ雑誌などの編集・執筆だった。理想とのギャップを抱きつつも、時には1週間で3時間しか家に戻れないという非常に忙しい日々を送る石垣さんのもとに、ある日、北京のギャラリー運営に携わらないかという思いがけない誘いが届く。

中国には行ったことがなく、中国に対する知識もほとんどなかった。当然、中国語は話せない上、英語も大の苦手。また、当時は中国各地で起こった反日デモのニュースもまだ記憶に新しく、即決するのは難しかった。

驚きと戸惑いを感じながらも、自分の裁量でギャラリーを運営できるという仕事内容に心引かれ、まずは中国や会社の様子を見てみようと北京を直接訪れることにした。

虽然感到吃惊和疑惑,自己度量能够运营长廊这样的工作内容所吸引,首先看了中国和公司的样子后直接去访问中国了。

「大学院を卒業後、北京ですぐに働き始めた社長は、『自分を受け入れ、育ててくれた中国に恩返しをしたい。せっかくビルのワンフロアを使えるのなら、物を売るのではなく、文化的に街を豊かにするという方法で街に恩返しをしていきたい』という話をしてくれましたこういうことを考えている人の下だったら多分自分がやりたいと思うことを一緒にやっていけると思いました」。それから1週間後、石垣さんは北京に行く決心をする。そして4ヵ月後の2013年9月から石垣さんは北京で働き始めた。

“研究生毕业后,在北京立刻开始工作的社长’向接受自己,养育自己的中国报恩。不仅仅是卖东西,丰富文化的街道这样的方法还恩‘说了这样的话。考虑这样的事情,可能自己想做于是就一起做了。”在那之后1周,石垣决定去北京。而且从4个月后的2013年9月在北京开始工作了。

「実際に来て戸惑ったことは実はあまりないんです。逆に日本だと簡単なことでも、上下関係やしがらみなどで色々と根回しなどが必要になったりしますが、北京だとシンプルにやりたいと言えば、皆がわかってくれる。ただ、中国では結果を出すまでの期間や進行速度が問われるので、すべてのプロジェクトで『スピード』が求められます。ギャラリーの運営もまずは3年で結果を出せと言われました」

“实际来的疑惑的事情是实际上基本没有的。相反即使在日本是件简单的事情,虽然上下关系。。。很多机会等等也很重要,如果说想在北京和新加坡工作的话,大家能够理解。但是,在中国因为会被问到在得到结果未知的期间和进行的速度,所以所有的计划都讲求速度。长廊也是首先在3年出来的结果。”

言葉もわからず、知り合いもまったくいない北京で当初は何から始めていいのかさえわからなかったという石垣さんだが、この半年ですでにいくつもの企画展を開催した。今では、アートのみならず、会社本体の業務である都市設計という面にも魅力を感じ始めている。

在不懂得语言,完全没有认识的人的北京,当初从什么开始才好呢完全不知道的石垣,在这半年已经开展了企划展。现在,不仅是艺术,公司本身的业务都市设计这一面也开始感到了魅力。


分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团