2014.07.08【日译中】一期一会(南斗優香 なんとゆうか)

铃兰花1990 (Lindsay~蘭) 译人小成
240 6 0
发表于:2014-07-08 23:08 [只看楼主] [划词开启]

旅行家、随筆家(ずいひつか)。繊細な感性と力強い描写で、若い女性に人気がある。著書に「旅行に行こう」、「海外から見た日本」などの旅行記、自伝「生きるとはこの世を旅すること」などがある。美貌でありながら未婚で、かつてお「仕事が恋人、作品が子供。だから愛人もその子供もいらない」と宣言。

南斗优香,旅行家,随笔家。因细腻的感受力和强有力的描写,在年轻女性中颇受欢迎。著作有《去旅行》,《从国外看日本》等旅行记,有《生活就是在世上旅行》等自传。美丽未婚的她,曾有“工作是恋人,作品是孩子。所以既不需要爱人,也不需要孩子”的宣言。


写真などを見て昔を懐かしむとき、「あの人と、最後に会ったのはいつどこか?」と考えても、思い出せないことが多い。

看着相片怀念过去的时候,思考着“和那个人,最后见面是什么时候呢?”很多时候,却怎也想不起来。


だから最近私は、人と会うたびに「もうこれが最後かもしれない」と、思うことにしている。たとえ厭な人であっても、これで最後だと思うと、寛大な気持ちになれる。そうなれば、その人はすでに、厭な人ではなくなるのだ。

因此,最近的我,每次和他人见面,就会有“也许这是最后一次(见面)”的念头。即使是讨厌的人,一想到这是最后一次,就会以一颗宽大的心面对。这样做的话,也就变得不会讨厌那个人了。


人だけではない。地震とか災害などで、これからもずっとあり続けていると思っていた建物が、なくなってしまう場合もある。すべては移り変わる。そう思うと目の前のどんな事物も、新鮮でありがたい。

不仅仅是人。因为地震等灾害,我们认为今后会一直存在的建筑物,也有小时的时候。一切都在变化。这样想的话,就觉得眼前任何事物,都是新鲜的,难得可贵的。


「有難い」というのは、「そこに存在しているのは永遠ではない」ということだ。そう思うと、すべてが惜しく愛おしく、感謝ができるようになった。

所说的“难得可贵”,是“不可能永远在那里存在”的意思。这样想的话,就会变得珍爱感谢所有的一切。

最后编辑于:2014-10-29 18:48
分类: 日语
全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团