2014.08.02【日译中】イヴォークとスコーピオン・ヴェルデの相性は?

发表于:2014-08-02 11:12 [只看楼主] [划词开启]

イヴォークとスコーピオン・ヴェルデの相性は?
(路虎揽胜)极光和蝎子-菲尔迪的相称性如何?
人気沸騰中のクロスオーバーSUV
人气爆棚的跨界SUV
日本の自動車メーカーのアイデアから生まれ、アメリカの市場で人気に火が付き、ヨーロッパの自動車メーカーが大きく育て上げたクロスオーバーSUV。今では世界中の市場でもっとも伸び率の高いカテゴリーでありハッチバックやセダンに代わる乗用車のメインストリームになりつつある。
从日本汽车制造商的灵感中诞生,加之在美国市场人气上的推波助澜,欧洲的汽车制造商大力培育出的跨界SUV,正在成为当今市场中有着最高增长率的两厢车及代替普通轿车的乘用车的主流。
日本での販売台数はほんの1~2年前まで横ばい状態だったが、手軽なコンパクト・クラスやハイブリッドカー、高効率エンジンを搭載したモデルなどが増えたことで着実にシェアを伸ばしつつある。余談だが、某雑誌で連載している自動車買い換え相談室的な企画では、最近の相談者が次に欲しいクルマとしてあげるのがクロスオーバーSUVばかりになって困ってしまっているぐらいだ。
虽说在日本的销售台数基本上1.2年至今处于停滞状态,由于轻便的紧凑级、混合动力、搭载高效率发动机等车型的增加,销售额稳步增长。虽说是多话,在某杂志连载的汽车置咨询讨计划中,最近的咨询人下一部想要拥有的汽车都是跨界SUV,令人相当苦恼。
ピレリ製オールシーズンタイヤの実力は?
倍耐力制造的全季节轮胎实力如何?
クロスオーバーSUVが身近になるにつれ、気になってくるのが足元を支えるタイヤ。日本の乗用車ではほとんどがサマータイヤを履き、降雪地帯では冬場にスタッドレス・タイヤに交換するというのが一般的だが、クロスオーバーSUVではオールシーズン・タイヤがスタンダード。オールマイティな特性は頼もしく思えるが、これまでサマータイヤのクルマばかりに乗ってきたのなら、快適性や走りにちょっとした不安を抱く人もいるだろう。
近身靠近跨界跨界SUV,引人注意的是支撑脚下的轮胎。通常虽然日本的乘用车基本上装配夏季轮胎,在降雪地区到冬季换成防滑轮胎,然而跨界SUV标配四季轮胎。虽说全能的特性看起来考得住,但如果一直乘坐夏季轮胎汽车的的话,对其舒适性和行驶稍感不安的人可能也会有吧。
そこで注目したいのがピレリの「スコーピオン・ヴェルデ・オールシーズン」。スコーピオンはオフロード車やSUV用のタイヤ・シリーズで万能な特性を基本に、オンロード寄り、オフロード寄り、あるいはウインターに特化したモデルをラインアップしている。その中で最新のスコーピオン・ヴェルデはオンロードでの使用がメインのSUVやクロスオーバーSUVのために的を絞って開発されている。まさに、これからの乗用車シーンで求められていくタイヤなのだ。
这里要关注的是倍耐力“蝎子-菲尔迪-全季”轮胎。蝎子轮胎是以越野车和SUV专用轮胎里全能的特性为基础,更加偏向越野,也可以说是编入了为适应冬季而特殊处理类型的产品阵容里。其中最新的蝎子-费尔德在越野中的使用,是为限于主流SUV跨界SUV而开发的。的确也是为了满足今后乘用车需求的轮胎。
エコ性能にも力を入れている
在环保性能上也加大投入
ヴェルデとはイタリア語で緑色を意味する。ピレリでは環境に配慮した商品を“グリーン・パフォーマンス”と呼ぶことからも、スコーピオン・ヴェルデがエコロジーな性能にも力を入れていることがわかるだろう。
菲尔迪在意大利语中是意味绿色。倍耐力考虑环境的因素将商品称作“绿色-表现”,从这点来应该就可以看出来蝎子-菲尔迪在生态环保性能上投入了很大的力气吧。
このモデルが登場する以前にオンロード志向なスコーピオン・シリーズとしての役割を担っていた先代スコーピオンSTRに比べると転がり抵抗やタイヤ重量の低減が図られており、燃費は約4%改善。ピレリのラインアップのなかでもトップレベルの環境対応性能となっている。
在这种车型面世之前,在与志向于越野的蝎子系列轮胎中担当作用的上一代蝎子STR相比,设计考在滚动抵抗力及减轻重量方面有所考虑,燃油费用减少约4%。在倍耐力产品阵容当中,有着最高水平的环境对应性能。
転がり抵抗の低減は、革新的な素材と最適化されたプロファイル(断面形状)によって達成されている。構造で転がり抵抗低減を図ると操縦性に悪影響を及ぼすこともあるが、そういった愚は犯していない。トレッドパターンは4本の太い縦溝とそれに連なるサイプで構成。一見するとチントゥラートP7などに近く、ウエットを含むオンロード性能の高さを予見させるが、細かなサイプなどからはオールマイティさもうかがえる。
滚动抵抗力的减低,是使用革新的材料和最适合的剖面形状达成的。在构造方面虽然谋求降低滚动抵抗力后对操作性也会有一定的影响,但不会犯这样的失误的。轮胎花纹是4条纵沟以及与其相连的纹路构成。乍一走进看子午线P7之类的轮胎,虽然预见到其具备防潮的良好的越野性能,但从细小的纹路等方面看,也能窥视到其全功能性。
締まった感触や軽快な動きを味わえる
品味结实的触感和轻快的动作
イヴォークとスコーピオン・ヴェルデ・オールシーズンの組み合わせは、高速直進時のセンター付近の締まった感触、ステアリングを切り込んでいったときのレスポンスの良さなど、スポーティな性能を存分に味わわせてくれた。コーナーを攻めるような走りをしてみても、完全なるサマータイヤに比べたらスキール音が聞こえるのが早めかな? という気はするものの、一体感が高く軽快な動きで楽しませてくれる。
路虎揽胜极光和蝎子-菲儿迪全季轮胎的组合, 高速直行的中心附近的结实触感,转向时反应的良好等,充分带来轻便运动的性能的享受。如果急转弯似的驾驶,与夏季轮胎相比是不是会更早听到摩擦声?带着这样的想法,在高度的一体感及轻快的操控中带给我们轻松快乐。
オールシーズン・タイヤはゴツゴツとしたりノイズが大きめだったりと、乗り心地や快適性が気になることもあるが、それも心配いらない。SUVは地上高が高く設定されているのでキャビンと路面が遠いため有利ということもあるだろうが、セダン+サマータイヤよりもタイヤや路面が発するノイズが耳に届きづらい。音質的には少し乾いたところがあるが、音量が抑えられているので快適だ。
虽说一旦全季轮胎如果过于坚硬、胎噪过大,乘坐感觉及舒适性也会受到关注,但这也无需担心。SUV在地面上的设定高度很高,虽然驾驶舱与路面的距离较远也是有利的,但轿车配备夏季轮胎,轮胎及路面发出的噪声很难穿进耳朵。在音质上虽然有发干的地方,但音量得到了控制还是舒适的。
セダン級のオンロード性能とマッチ
轿车级的公路性能与搭配
乗り心地も期待を上回る。SUV特有の車高や重心の高さを不安に感じさせないシッカリ感はあるのだが、路面の凸凹に対してスムーズでしなやかな動きをみせていた。これは先代スコーピオンSTRに対して約10%ほど軽量化が図られていることも起因しているのだろう。いわゆるバネ下が軽い感覚でイヤな硬さを感じさせない。スポーティさと快適性が高次元でバランスしているのだ。
驾乘感也超过了预期。有一种扎实感且不会让人不安的感觉到SUV特有的车高及重心的高度感,然而面对路面的凹凸不平,在平滑中却看到柔和的操控。这个应该是与上一代蝎子STR相比设计上减轻10%重量的原因吧。也就是说让人在弹簧下面轻盈感中不会感觉到厌恶的生硬感。轻松运动与舒适性得到了高维的平衡。

イヴォークはSUVの老舗が自信をもって仕立てただけあって、侮りがたいオフロード性能を有しながら、プレミアム・セダンとも渡り合えるようなオンロード性能を見せつけるが、スコーピオン・ヴェルデ・オールシーズンはその特性に見事にマッチしていた。
极光不单是SUV的老牌厂家充满自信打造出来的,其一面拥有不容小视的越野性能,也可以看到与高级轿车完美结合公路性能,蝎子-菲尔迪全路况轮胎将其特性完美融合。
スコーピオン・ヴェルデ・オールシーズンは環境対応へ配慮したグリーン・パフォーマンス・タイヤであり、オールシーズン・タイヤでもあるが、オンロードでのパフォーマンスも文句なし。SUVやクロスオーバーSUVのなかでもスポーティなモデルに合うのはもちろんのこと、コンフォート志向なモデルをもう少しピリッとスパイスを効かせたいときに履いてみるのもいいだろう。
虽说蝎子-菲尔迪全季轮胎既是考虑对应环境的绿色-性能轮胎、也是全季轮胎,但其在公路上的性能无可厚非。在SUV或是跨界SUV中符合轻便运动的车型是必然有的,期望轻便的车型心血来潮的想尝鲜的时候,尝试一下不是很好吗?

 

花了2天的时间。感觉如果想翻好这类文章,必须长期坚持,积累对应的词汇。不然一时翻起来,真的好累。请给位指点!~~


最后编辑于:2014-08-11 09:12
分类: 日语
全部回复 (15) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团