2014.08.06【日译中】 修理回忆之时 黑猫爸爸(三)

发表于:2014-08-06 23:13 [只看楼主] [划词开启]


  地面に映る明里の影は、謎めいた異国の踊り子みたいだ。ドレッドヘアの付け毛と複雑な編み込みで構成されている。都会でなら、まあ見かけないこともない程度の派手な人だが、そのままの格好で来てしまったのは問題だった。

  面上映出的明里的影子,看起来就像是谜一般的异国舞娘。将假发辫与头发经过复杂的编织而做成的发型。在都市的话,如此打扮的人还不算是夸张到没见过,但来到这里就是个问题了。



  しかしもう仕方がない。服装はきわめて標準的なシャツとコットンパンツだし、それ はそれでアンバランスなのだが、知り合いはいない、と開き直る。今の自分は、人間と しても女としても投げやりだ。仕事を辞め、恋人とも別れて、一人新天地へやってきた。 ちょつと変わつた人だと思われるくらい何だというのだ。どのみち、家の中へ入ってし まえば誰にも眉をひそめられる心配はない。

  不过也没办法。虽然身上穿的是极其标准的衬衫加西服裤,与发型完全不搭调,但好在也没认识的人,将错就错好了。现在的自己,作为人类也好作为女人也好都不够格。工作辞掉了,恋人也分手了,一个人来到全新的地方。 被认为是有点奇怪的人???。无论走哪条路,只要能回到家的话谁也不会太担心。



  幾何学的な模様のステンドグラスがはめ込まれたドアに、鍵を差し込む。きしんだ音 を立てて開いたドアの内側に、外の光が流れ込んだとたん、色あせていた古い記憶が、 急にリアルな色をまとって目の前に現れた。

  将钥匙插入镶嵌着几何图案的彩色玻璃的门上。门发出嘎吱嘎吱的声音打开了,外面的光线流淌进入门中,褪色的旧时记忆突然染上了真实的色彩出现在眼前。


  そこは、子供の頃と何一つ変わっていなかった。大きなまるい鏡が三つ、前には白い 椅子が並んでいる。待合い席は赤いソファ。ついたての向こうには、シャンプー台とパーマ用の器具が置いてある。

  与小时候相比一点也没变。三面大圆镜前面并排摆着白色椅子。等待坐席是红色的沙发。屋子被屏风隔开,屏风另一边放着洗发台和烫发专用器具。


  理容師だった祖父と、美容師の資格を持っていた祖母、ふたりでこの店を切り盛りし ていた。ショートボブを栗色に染めていた祖母は、いつも淡いピンクのエプロンをして 店に立っていた。祖父は見事な鼻髭を生やした人で、記憶の中では決まって襟の詰まった白い上着を着ているのだった。

  作为理发师的祖父,以及持有美容师资格证的祖母,两人分工一起经营着这家店。祖母有一头染成栗色的齐颈短发,一直喜欢穿着淡粉色的围裙站在店中。祖父是个有着茂密胡须的人,记忆中总穿着一件窄领的白色衣服。



  明里はときどき、祖父母の邪魔をしないよう店へ下りてきて、待合い席のそばにある マガジンラックの前に陣取った。漫画や雑誌が置いてあったからだ。もちろん、店が混 んでくればまた一一階へ戻るのだけれど、華やかなヘアスタイルの並んだ雑誌が好きだった。

  明里有时下去店里时会尽量不打扰到祖父母,来到等待坐席旁边的杂志架前面。因为那里放着漫画和杂志。当然,如果店里很忙她会再回到二楼去,可她真的很喜欢那些列着华丽发型的杂志。


  とびきりかわいい編み込みのヘアスタイルが気に入って、何度も眺めていたら、祖母がよく似た編み込みをつくってくれたことをおぼえている。

微妙なくせ毛で、梳かしても結んでも思い通りにならないと思い込んでいた明里の髪だが、祖母の器用な手つきで編まれていく髪は、そのとき、魔法にかかったかのように素直だった。

  记得如果她喜欢某个特别可爱的发型,反复盯着它看的话,祖母就会为她编出非常相似的发型。明里头发微妙的有个性,她总是觉得它们无论是梳也好扎起来也好都无法成为想要的造型;但那时,头发在祖母灵巧的手中被编织着,就像是被施了魔法一样听话。


  小学二年生のとき、母の都合で祖父母の元にあずけられた明里は、ここで夏休みの間 を過ごした。それは明里にとって、特別な夏休みだったのだ。

  小学二年级的时候,由于母亲的关系被寄放在祖父母身边的明里,在这里度过了暑假。这对她来说是个特别的暑假。


  あれから二十年、明里は再びここへやってきた。感慨にひたりながら、鏡の前に腰を 下ろす。

  时隔二十年,她再次来到了这里。感慨之余,她在镜子前面的椅子上坐下来。


  ぼんやりと物思いにふけっていると、誰もいないはずの店の奥で物音がした。

  正陷入对过去的回忆中,应该没有任何人的店内部却传来了声响。


  短い通路の突き当たりにドアがあり、洗面所とトイレ、二階へ続く階段がその向こう にあるはずだが、誰もいるはずはないのだ。気のせいかと思い直したとき、ドアの少し手前にぶら下がっているビーズのれんがゆれているのに気づき、振り返った明里は緊張 しながら立ち上がった。

  短短的通道尽头是一扇门,对面是盥洗室、卫生间与通向二楼的楼梯,可应该没人在才对。明里正觉得是自己多心了的时候,听到门前悬挂的 串珠门帘发出了碰撞声。她回过头去,发现珠帘正在晃动着。她紧张地站了起来。


  誰かいる。

  有谁在。


  のれんのそばにある棚のあたりで、黒っぽい影が動く。

  珠帘附近的书架旁,有团黑色的影子蓄势待发。

  「ど……泥棒……?」

  “小……小偷……?”

最后编辑于:2015-11-17 23:38
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团